小次郎講師のブログ

ショッピングの罠・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師

曇り空の人形町のカフェより

いきなり質問です^^
あなたは買い物によく行くタイプでしょうか?

それとも、あまり出掛けないで
読書や美術や書などを楽しむインドア派でしょうか?

どちらのタイプだったとしても、
たまには街を歩くことでしょう。

私も先日、撮影の休憩がてら、
新宿の街をブラブラ歩いていました。。。

すると、

「おっ!」と思ったのがこれ。

私は帽子がとても好きなので、
気付くとパシャり

20160914035825

街を歩いていると、秋も近づき、
夏とは違った商品がウィンドウに飾られていますね^^

気に入った物を買うこともあれば、
買わないで、見て楽しんだりもします。

女性は特に好きですよね
『ウィンドウショッピング』

実はこの
ウィンドウショッピング

実は、個人投資家の方もよくやっています。

そうです、

「知識のウィンドウショッピング」

セミナーに行ったり、
本など読んでいると、

「あーこの話は知っているな」

「あぁ。あの話でしょ。知ってる」

なぜか、年齢を重ねれば重ねるほど、
一度聞いた話には価値を感じなくなってしまうんですね。

そう、
たとえ、本人がそれを全く理解していなかったとしても…

全く出来ていなかったとしても…

なぜだか、
同じ話を聴いてくれない(私寂しいです;

投資でいえば、

「常に新しい情報、新しい情報」

「新しい手法、新しい手法」

まさに、
ウィンドウショッピングをしているようなものですね。

「あれもいいな~~」

「これもいいな~~」

「あっ、でもこれも欲しいかも」

「これも興味がある」

なんて言いながら、
あっちこっちのお店を見て回る。

そして、

あのブランドはどんなデザインだとか、
あのお店はどんな商品があるかとか、
あのお店の店員さんは、こんな人で・・・

など、やたら詳しくなっちゃってる。

でも、詳細な部分を知っているのに
何1つ持っていない。

そう、何1つとして手元に残っていないことが多い。

服やカバン、帽子をウインドウショッピングするのは
それ自体が楽しみですし、喜びですからいいわけです^^

でもね、投資となると、
話はまた違ってくるわけです。

少なくとも、
投資の本を読んだり、セミナーに行ったりするのは、
自分のトレード技術を高めることが目的のはず。

新しい情報を聴くことが目的じゃなくて、
今の相場状況を聴いて、どうトレードに役立てるのか、
これが目的。

でも、人って不思議なことに、
意識していないと、気付いたら「目的」と「手段」がが逆転しちゃってる。

「手段」が「目的」になっていたりする。

ビジネスでも、
世の中やお客さんに価値を届けることや、
ビジョンを達成することが目的で

お金を稼ぐことは「手段」なのに、
気付いたらお金を稼ぐことが「目的」になっている。

トレードも自分や家族を幸せにするのが目的なのに、
いつの間にか、家族を犠牲にして、トレードすることが目的になってる。

そして、
頂上に到達した時に初めて気づくんです。

「何のためにここまでやってきたんだろう….」って。

だから、いろんな知識は知っているけれども
(ウィンドウで見たことがある)、

1つも身になっていない。
1つも使ったことがない。
1つも実践したことがない。

こにブログをご覧になっている方は意欲が高いから大丈夫だと思いますが、
多くの個人投資家がこの罠にはまっているわけです。

今度、街でウィンドウショッピングする時には、
「あー小次郎講師があんなこと言ってたな~」と思い出してくださいね^^

ほんの少しの知識を実践する方が、
たくさんの情報をインプットするより価値があるものですよ^^

PS///
先日9日の米国株式相場では400ドル近く暴落でしたね。
今年の初めからお伝えしていますが、暴落をチャンスにするのか?
指をくわえたまま振り回されるのか?

それを左右するのは「資金管理」です。
損失を抑え、利益を上げる大人気の「資金管理の極意」
こちら期間限定でキャンペーン期間中みたいですよ^^

こちらをチェックしてみてください。
⇒ここをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA