貧すれば鈍する

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

今年も残すところ、
あとわずかとなりました。

年が明けたら、
大学入試をはじめ、
様々な入学試験が始まるはずです。

インフルエンザなど、
病気がはやりやすい時期でもあるので、
受験生のお子さんをお持ちの方は
特にお気を付けください。

さて、
受験の話をしたところで、
私が今懸念していることについても、
少しお話させてください。

貧すれば鈍する

今年、京都大学名誉教授の本庶佑さんが、
ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

このことからもわかるように、
日本人のノーベル賞受賞者は多く、
その数なんと、米国に次いで世界2位です。

「なんだ、それなら日本の未来も安泰だ」と思うかもしれませんが……
実はこれは、昔の研究の蓄積の結果でしかありません。

国家予算レベルで見てみましょう。
2000年当時、日本の科学技術予算は3兆2,859億円でした。
しかし、その後はほぼ横ばいです。

一方、中国の科学技術予算は、2000年の時点で3兆2,891億円でした。
日本とさほど変わりません。
しかし、2016年には22兆3,988億円にも達しています。

予算の差は結果の差にもつながりました。
研究者数、論文数ともに、
中国に大きく差をつけられているのです。

日本がここまでダメになったのは……

研究費の面も含めて、
日本がなぜダメになったのかを考えてみましょう。

一言でまとめると、
1989年の税制改革を含めた構造改革のためだと思っています。

つまり、安定財源確保の観点から、消費税が導入され、
所得税の大幅な減税が行われたのです。

結果として、消費税を導入したことで、
税収は減りました。

その後、消費税率が引き上げられたことで、
経済成長も鈍ったのです。

自分で自分のことを決められない

ちなみに、先ほど触れた構造改革は、
アメリカからの圧力によって決まった部分も大きいといわれています。

日本は自分の国のことも、
自分で決められなくなっているのです。

その結果、未来のノーベル賞受賞者を輩出する研究もできなくなり、
経済も政治も衰退していくとしたら、
悲しすぎませんか?

私も嘆いているだけではありますが、
このままじゃいけないとは思います。

<編集部からのおすすめ>
【いよい本日まで!】
全4本無料オンライン講座
矢口新先生の「神業・株式投資法」

「利益を出せなければクビ」

この過酷な世界で、
どうやって30年間、収益を出し続けてこれたのか?

あなたの収益に直結する
プロの株式投資運用法を無料公開中!!

詳細はこちらから!

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿

  • 一番残酷なのは、誰?
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 3日前の3月11日、 東日本大震災から8
  • 税金は、富裕層から。
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 実は先日から、 投資の学校さんが提供する
  • やらされ感
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 朝はまだ寒いですが、 日中はかなり暖かくなり


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.