大幅高となった後の相場が大事

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
大発会から大幅下落となった日経平均ですが、
先週は週間+798円となり、
グッと株価が上昇してきました。

 
この結果については、
日本市場は大発会で大きく下げたものの、
その時点の米国市場の様相から、

 
先週初めにも日本株も上昇転換する
可能性があるとしておりましたので、
概ね想定通りだったと思います。

 
ということで、
今日は先週7日(月)からの日本市場の値動きの要因について
私が分析した結果をお話したいと思います。

 

大発会からの下落から回復しつつある日本市場

 
shisei_man_good

 
1月7日(月)の日経平均は
383円高と大きくギャップアップ(上放れ)して寄り付き、
上値では多少重くなったものの、大引けまでにさらに
94円乗せて+477円高としました。

 
その日の出来高は大発会を超えなかったものの、
十分なボリュームであり、昨年末に十字線を付けた
大底からの反発の芽が(安値を下回らずに)繋がり、

 
大幅高でフォロースルーが完成したと見て、
この日に(短期)上昇転換と判定します。

 
8日はさらに出来高を増しながら続伸し、
10日に反落したものの、週間では+798円の
大幅反発として終えています。

 
大発会の日に1.8%高と逆行高した
マザーズ指数が先週も好調で、週間+7.6%高、
年初来ではすでに+9.5%高となり、
他の主要指数を大きく上回ります。
実は、マザーズ指数は昨年最も大きく下げたのでした。

 
そのほか、セクター別にみてみると、
機械、輸送用機器(自動車)、精密機器、電気機器といった
景気敏感セクターが大きく値を上げ、
市況関連も海運や不動産も大幅高です。

 
やはり昨年12月25日と1月4日につけた
日経平均の予想PER11倍、PBR1倍という指標は割安であり、
これら二度の安値で二番底を形成したという見方です。

 
ただ、日経平均のチャートはまだ50日線にも程遠い段階で、
クリスマス以降飛ばしている米国に比べ、
依然として割安感があると思います。

 
日本市場は大幅高となった後だけに、
連休明けの相場は一旦調整となる可能性もあると考えます。
また、セクターや指数間に温度差もありますので、
慎重な姿勢を持って、相場を見ていきましょう。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう(^^)/

 
-戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

Yahoo!ファイナンスの株価予想で
【No.1】を獲得した戸松信博先生が、
銘柄分析のノウハウ、大きな相場の流れを自分で読み解くコツを
定期配信する会員制コミュニティが誕生。

このページからお申込み頂くと、
特別割引価格でご参加頂けます。
詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 薄商い続く日本市場
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 さて、 今日は直近の日経平均について お話していきた
  • 弱い雇用統計
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 早いもので2019年も もう半分が過ぎようとしています
  • 値ごろ感は本当に買いのチャンスか?
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 さて、今日は早速 先週末の日経平均の動きを分析し、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.