戸松信博のブログ

大幅高となった後の相場が大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
大発会から大幅下落となった日経平均ですが、
先週は週間+798円となり、
グッと株価が上昇してきました。

 
この結果については、
日本市場は大発会で大きく下げたものの、
その時点の米国市場の様相から、

 
先週初めにも日本株も上昇転換する
可能性があるとしておりましたので、
概ね想定通りだったと思います。

 
ということで、
今日は先週7日(月)からの日本市場の値動きの要因について
私が分析した結果をお話したいと思います。

 

大発会からの下落から回復しつつある日本市場

 
shisei_man_good

 
1月7日(月)の日経平均は
383円高と大きくギャップアップ(上放れ)して寄り付き、
上値では多少重くなったものの、大引けまでにさらに
94円乗せて+477円高としました。

 
その日の出来高は大発会を超えなかったものの、
十分なボリュームであり、昨年末に十字線を付けた
大底からの反発の芽が(安値を下回らずに)繋がり、

 
大幅高でフォロースルーが完成したと見て、
この日に(短期)上昇転換と判定します。

 
8日はさらに出来高を増しながら続伸し、
10日に反落したものの、週間では+798円の
大幅反発として終えています。

 
大発会の日に1.8%高と逆行高した
マザーズ指数が先週も好調で、週間+7.6%高、
年初来ではすでに+9.5%高となり、
他の主要指数を大きく上回ります。
実は、マザーズ指数は昨年最も大きく下げたのでした。

 
そのほか、セクター別にみてみると、
機械、輸送用機器(自動車)、精密機器、電気機器といった
景気敏感セクターが大きく値を上げ、
市況関連も海運や不動産も大幅高です。

 
やはり昨年12月25日と1月4日につけた
日経平均の予想PER11倍、PBR1倍という指標は割安であり、
これら二度の安値で二番底を形成したという見方です。

 
ただ、日経平均のチャートはまだ50日線にも程遠い段階で、
クリスマス以降飛ばしている米国に比べ、
依然として割安感があると思います。

 
日本市場は大幅高となった後だけに、
連休明けの相場は一旦調整となる可能性もあると考えます。
また、セクターや指数間に温度差もありますので、
慎重な姿勢を持って、相場を見ていきましょう。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう(^^)/

 
-戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

Yahoo!ファイナンスの株価予想で
【No.1】を獲得した戸松信博先生が、
銘柄分析のノウハウ、大きな相場の流れを自分で読み解くコツを
定期配信する会員制コミュニティが誕生。

このページからお申込み頂くと、
特別割引価格でご参加頂けます。
詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA