小次郎講師のブログ

確定申告の前に押さえたい税金の話その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

お正月も終わり、
いろいろなことが普段通りに動き始めましたが、
皆様はいかがおすごしでしょうか。

相場からは相変わらず目が離せない状態です。

昨年末に大掃除をしたとき、
過去のセミナーで使った資料や動画の確認をしました。

私自身も、「2018年は株式投資のチャンス」と話をしたのですが、
実際は「買って売る」だけをしていたら、
チャンスと言える年でもなかったかもしれません。

大切なのは、「トータルで勝ちに行けること」だと思っているので、
今年も色々な手法を組み合わせて、
「トータルで勝ち」に行く方法を皆様にお話ししますね。

さて、前回に引き続き、
投資と税金の話をします。

こんなものが経費計上できます

株式、FXを問わず、何もしないで成果が出る投資はありません。
これをお読みの皆様も、セミナーに出たり、本を読んだりといろいろなさっているでしょう。

そのような「投資の勉強をするために出したお金」は、経費として計上したうえで、
確定申告を行いましょう。

たとえば、

  • 投資の学校の講座など、各種セミナー・通信教育講座などの受講料
  • セミナーに出かけるための交通費
  • 株式・FX関連の書籍の購入費
  • 情報交換を目的とした懇親会の会費

などは、経費として計上できる可能性があります。

常にOKではないことにも注意

ただし、一つ注意してほしいのは、
「どういうスタイルで投資をやっているか」
「費用を出した経緯が何か」
によって、経費として認められない可能性もあるということです。

株式投資の場合、
一般的には保有期間1年以上の売買による収益は譲渡所得、
1年未満の売買による収益は雑所得です。

雑所得の場合、経費計上はできますが、
譲渡所得の場合、経費計上はできません。

また、「何が投資の経費になるのか」は、
「費用を出した経緯」によって判断される場合が多いです。

断言はできないですが、
国税庁(税務署)の判断によって認められない可能性も
あるということを覚えておきましょう。

<編集部からのお知らせ>
「いつも出ているセミナーの費用って、
経費にできるんだ!」と驚きませんでしたか?

このように、小次郎講師が
「投資に役立つかなりいい話」を厳選し、
毎月お話ししてくれる機会があります。

「情報収集したいけど、
自分ひとりじゃ手がまわらなくて……
という方は、ぜひこの機会をご利用ください。

こちらからどうぞ

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA