戸松信博のブログ

2ヶ月で4,340ドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
たったの2ヶ月で4,340ドルも上昇したのは
そうです、NYダウですね。

 
昨年12月に、
日経平均同様に急落したNYダウですが、
年が明けて、一時22,000ドル台を切っていましたが
26,000ドル台まで回復してきました。

 
NYダウをはじめ、
世界経済の中心である米国の重要指数である
ナスダックもNYダウ同様に続伸をしています。

 
ということで今日は、
日本市場にも大きな影響を及ぼす
米国市場の直近の動きと今後の見通しについて
詳しく解説していきたいと思います。

 

ダウ、ナスダックは9週続伸

 
shisei_man_good

 
18日(月)がプレジデンツデーの祝日で
4日間の取引となった米国市場は、比較的静かで、
穏やかな動きながら、安定した強さも感じられます。

 
ナスダックで火曜からの騰落率を順に見ると、
+0.19%、+0.03%、▲0.39%と小動きを続けた後、
22日(金)は+0.91%と大きめの上昇で高値引けして終え、
200日線を僅かに上に抜けました。

 
ナスダックと同じくダウも小幅ながら9週続伸とし、
2万6000ドル台を回復して最高値を射程内に収めます。
ダウも22日(金)の+0.70%高が効いて
何とか週間をプラス(+0.57%)にし、
連続上昇を継続できました。

 
1月のFOMC議事録が明らかとなり、
その中で資産縮小プログラム
(買い貯めた債券が満期を迎えることで自然に縮小)を
年内にも中止する計画があるとわかりました。

 
これに対して特に株式市場で
大きな反応はありませんでしたが、
昨年までのタカ派スタンスからハト派スタンスへの
方向転換が確認され、売り手を抑え込んでいる様子です。

 
先週の株式市場は穏やかに推移していますが、
これ自体は悪いものでなく、むしろ
底堅い上昇トレンド時に見られる良いサインだと思います。

 
日足はようやく200日線を捉えたところであり、
このあと50日線が200日線を上に
ゴールデンクロスして長期的な上昇トレンドを鮮明にするまで、
まだまだ多くの上昇を必要とする段階です。

 
あまり急騰が続くと下がるリスクも高まるため、
静かに、ゆっくりと推移し、足をためるのが望ましい展開です。

 
米中貿易摩擦の問題も完全に解消したわけでなく、
まだまだ油断のできない状態ではありますので、
引き続き経過をウォッチしていきたいと思います。

 
それでは、
今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(^^♪

 
今日も1日頑張りましょう!

 
-戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

個人投資家が手堅く低リスクで、
なおかつ高勝率で勝つための鍵は
大口投資家の動きに“ついていく”ことでした。

動きを予測して先回りするのではありません。
大口投資家の動きを目視で確認して
その動きに付いていくのです。

では、どうやって
大口投資家の動きを目視で確認するのか?
そのたった1つの方法を無料でお教えします。

今すぐ無料で受け取る

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA