小次郎講師のブログ

史上初の10連休だからこそ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

このブログは4月1日に公開されると聞いていますが、
同日に新しい元号が発表されますね。

私は昭和生まれの人間ですので、
生きているうちに元号が変わるのは2回目です。

前回のときは、
まだ、投資教育とは関係ない仕事をしていたのですが、
今回は投資教育に携わる立場として迎えるからこそ、
この後、何が起こるのかを注意深く見守っていきたいと思います。

ところで、
前回のとき=昭和から平成に代わるとき、
日本の株式市場で何が起こったか、
覚えていますか?

絶頂からの急落

平成元年=1989年の12月29日、
日経平均株価は38,915円97銭の史上最高値をつけました。

つまり、バブル経済の真っただ中にあったわけです。
株、不動産への投資が「財テク」ともてはやされ、
ブームになりました。

もちろん、「1990年は日経平均5万円突破」だの、
「数年で10万円」だの、強気な予想もあったわけです。

しかし、年明けからだんだん雲行きがおかしくなりました。
1990年1月だけみても、日経平均は1726円92銭も下落しています。

役に立たないのが一番だけど……

私はかねてから「予想はよそう」とお話ししています。

どんなに投資の勉強をしても、
経験を積んでも、先のことは誰にもわからないし、
予想をしたところで当たるものではないからです。

だからこそ、合理的な手段で備えることが必要だと思っています。

最近、私がいろいろなところでお話ししているのは、
「プットの買い」です。

つまり、「一定の時点・値段で何かを売る権利を買っておくこと」ですが、
これをやれば、相場が急落しても、あらかじめ決めた値段で売ることができるので、
利益を手に入れられます。

もちろん、相場の急落が起こらなければ、
あまりそのありがたさは享受できないかもしれません。

しかし、あくまでこれは「保険」のようなものです。

保険って、病気やケガや災害が起こったときに役に立つものですよね。
本当は、役に立たないのが一番であるのは間違いありません。

それでも「備えあれば憂いなし」。
これまでに例を見ない10連休を迎えるからこそ、
合理的な備えとして覚えておいていただきたいと思います。

<編集部のおすすめ>

「情報収集が大事だとはわかるけど、
何からやればいいのだろう……」

何をすればいいかがわからなくてお悩みでしたら、
投資教育界のレジェンドが、
毎月1回、選りすぐりの情報を届けてくれるー
そんなサービスを使ってみませんか?

こちらからどうぞ

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA