小次郎講師のブログ

リスク管理を始めるなら……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

10連休後の取引が再開されて
しばらくたちますが、
やはり、相場から目が離せない状態は、
続いています。

様々なところでお話ししてきた通り、
相場は何がおこるかわからないものである以上、
予想をしたところで、
さほど役には立ちません。

だからこそ、
「急激な変化があっても大丈夫なようにする」
ことが非常に大事です。

その方法の一環として、
リスク管理を身につけていただきたいのです。

今日は、リスク管理において大事になる、
ATRの考え方についてお話ししましょう。

ATRとは?

簡単にまとめると、
その通貨ペアの1日の平均的値動きのことです。

トレードにおけるリスク管理において、
重要な考え方なので覚えておきましょう。

ATRを計算してみよう!

では、ATRはどうやって計算するのでしょうか。
実際に紙と電卓を用意して、
試してみてくださいね。

1)まず、1日の最大リスクを計算する

  • (当日高値-前日終値)
  • (前日終値-当日安値)
  • (当日高値-当日安値)

以上の中で最大のものが1日の最大値動き(TR)であり、そ
れが逆方向に出たとき、1日の最大のリスクとなる。

2)ATRを計算する

• 1日の最大値動き(TR)の20日平均がATRである。
【計算式】 ATR=(前日のATR×19+当日のTR×2)÷21
※指数平滑移動平均、最初にATRを計算するときは
20日の単純平均を使い、21日目から上記計算式で算出

TradingViewならもっと簡単

また、私の講義でも使っている、
オンラインチャートシステムのTradingViewでも、
簡単にATRを表示させることができます。

ATRを表示

インジケーター → 内臓 → ATRを選択

パラメーターを変更

  1. インジケーター名の右にある設定アイコンをクリック
  2. 「入力」を選択
  3. 期間を20日に変更(デフォルトは14日)
  4. 平滑化を「EMA」に変更(デフォルトはRMA)

考え方を身につけるには、
実際に手を動かすのが一番なので、
ぜひトライしましょう!

<編集部のおすすめ>

「情報収集が大事だとはわかるけど、
何からやればいいのだろう……」

何をすればいいかがわからなくてお悩みでしたら、
投資教育界のレジェンドが、
毎月1回、選りすぐりの情報を届けてくれるー
そんなサービスを使ってみませんか?

こちらからどうぞ

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA