平野朋之のブログ

相場の過熱感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

梅雨明けが発表されたと思ったら急に
暑い日が続いていますね。
外にちょっと出ただけでも汗をかくような気候で
ニュースでも熱中症で運ばれる人が出てきているようです。

トレードでは集中力、注意力が必要になりますので
トレードにおいても万全の体調で臨むというのは
重要な要素の一つといえますので、
体調管理には気を付けていきたいですね。

ということで、
ここから今日の本題に入りたいと思いますが、
今日は有名なテクニカル指標の一つでもある
ストキャスティクスについてご紹介をしたいと思います。

すでに知ってる人にとっては復習として、
投資初心者や未経験の方はテクニカル指標の知識として
ぜひ覚えて頂ければと思います。

 

オシレーター系テクニカルの代表各「ストキャスティクス」

まず、テクニカル指標にはトレンド系とオシレーター系というのがあります。
トレンド系は移動平均線が最も有名な指標だと思いますが、
トレンドの方向性、大きなトレンドの流れを視覚的に分かりやすくする
テクニカル指標になります。

そして、
今日の本題となるオシレーター系テクニカルの役割は
一言で言えば、相場の過熱感を測る指標です。

ようは、現在の相場が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのか
あるいは「ニュートラル(中立)」なのかを測るものです。

オシレーター系のテクニカルは単独で使うものではなく、
トレンド系と併用して使うものです。
画像のように上がメインチャート、下がサブチャートといい、
オシレーター系のテクニカル指標は下のサブチャートに表示されます。

そもそもオシレーターとは、「振り子」という意味で、
一定の範囲を振り子のように推移しているのですが、一定期間の値動きに対し、
現在のレートが高過ぎるのか?安過ぎるのか?を
判断するための指標です。

2本の線をそれぞれ「%K(パーセントK)」、「%D(パーセントD)」と呼びます。
基本となる「%K」と、%Kを平均した「%D」という動きの異なる2本の線を表示し、その位置や2本線の交わり方から判断することになります。

ただし、ここで大事なのですが、
単純に買われ過ぎの状態だから「売り」
売られ過ぎの状態だから「買い」というものではありません。

あくまで今はどちらに過熱感があるのか?
を見るために使うものです。

ですので、
オシレーター系のテクニカル指標を使うときは
これだけで売買タイミングを判断するのではなく、
あくまで相場の過熱感を測るものだということを覚えておいてください。

この他にもオシレーター系のテクニカル指標はありますので、
今後ご紹介していけたらと思います。

それでは、今日も1日頑張っていきましょう。

-平野朋之

<編集部のおすすめ>

・仕事で忙しいけど
コツコツ勝てるトレードしたい・・・

・利益がとれるトレンドって難しいの?

と思っているあなたへ。

テクニカル分析の達人がお送りする、
見れば見る程楽しく分かる
驚きのカンタン投資講座公開!

今なら無料で参加可能^^

初心者でもできた安心投資講座を今すぐ受講!

======================
相場の最新情報からおトクな情報までもらえる
投資の学校・無料情報サイトは要チェック!!
======================
Twitter
15秒で重要な投資のポイントを
コツコツ蓄積できるのでフォローしてね^^

LINE@
メールでくる大事な情報は
漏れなく確実に受け取りたい・・・
という方はみんな登録済み!

ID検索からの登録はこちら
→ @ict3921h
*先頭に「@」をお忘れなく!

Facebook
あ、こんな考え方があったんだ!
この記事面白い!
と新しい発見と視野を広げたい方向けのメディア!

あなたの『いいね』お待ちしてます!

======================
12万人以上の投資家が受講する
投資の学校創業者・高橋慶行の公式アカウント
======================
Twitter
起業から投資、若者からご年配の方まで
12万人以上の投資家が学ぶ教育機関を作り上げた
創業者の視点や、投資に対する想いや考えなど、
日々のホンネを垣間見れるのはここだけ・・・

LINE@
友だちになると、LINE@限定の
動画講座をプレゼント!

実は友だちだけが
特別なやりとりも出来るとか。。。

ID検索からの登録はこちら
→ @yoshiyuki
*先頭に「@」をお忘れなく!

Facebook
投資の学校グループを作り上げた
代表としての顔、家庭の顔、
創業者のONとOFFはどんな感じでしょうか^^

YouTube
本物投資教育を伝えたい。
真面目に本物の投資教育を学ぶ場を探す
すべての方へ「本物」を伝える熱意が
すべてここに詰まっています^^
———————————————-

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA