10年に1回の……。

From 小次郎講師
自宅の書斎より……
 
おはようございます。
小次郎講師です。

 
暑い日々が続きますね。
皆さんは熱中症対策は大丈夫でしょうか?

昨今は家の中にいても熱中症になってしまうことがあるので、
家の中、室内でも油断せずにしっかりと熱中症には気を付けておきましょう!

 
さて、7月の終わりにFOMCが政策金利を利下げする形で発表されましたね。
これはアメリカでは10年ぶりの利下げになりました。

10年ぶりに利下げが起こったという事は何が起こっているのか
正しく認識しておかないといけません。

 
アメリカが利下げを決定後、ここ数カ月で何十ヵ国も
それに追従するように利下げを行う流れになりました。

 
それにともなってEUも金融緩和の流れになり、
日銀に置いても、これから先さらなる金融緩和をするという話も出てきています。

 
今、世界中が利下げムードへとガラッと変わってきています。
さて、それでは、なぜそうなったかと言いますと……。

 
「米中貿易摩擦」です。
私はもう中身は経済戦争だと思っています。

 
世界経済が「米中貿易摩擦」により大変不安な状態になっています。

 
「世界経済は下振れリスクがある。」
もう今現在の常套句になっています。

 
世界が不安定なので金融緩和をしなきゃいけなくなったのです。

 
6~7月の株価は金融緩和の期待でずっと上がってきました。
金融緩和は金利が安くなるので、お金がどんどん市場に流れ、
そのお金で株が買われるだろうということで上がっていたのですが、

 
私は過去からずっと金融緩和の時も見てきたのですが、
世界中が金融緩和してきた時のお話をすると実は、

 
金融緩和では株は下げなんです。
金融緩和という事自体は景気を回復するために行う物なので
金融緩和=株が上がりやすい

 
という教科書的な話は間違いではありませんが、

 
金融緩和をなぜ行うかというと、

 
世の中の経済が不安定だからです。
その不安定なことに押しつぶされて株価が下がっていく……。

 
株価が下がればさらに金融緩和をしますが、
金融緩和が行われればさらに株価が下がっていきます。

 
金融緩和を3回4回やっているうちに株価が下げ止まって
5回、6回、7回金融緩和やるうちにだんだん上がっていく
それが金融緩和の普通なんです。

 
今、
10年に1回の金融政策の変化があったという事は言い換えれば
それは10年に1回の経済危機を迎えているという事を
皆さんには正しく認識してもらいたいと思います。

 
今世界中で金利の緩和合戦になっている
経済の状況はとんでもない状況になっていると私はそのように思っています。

 
 
<編集部のおすすめ>

10年に1度の経済危機の中
一番需要なことは
「日々の相場状況の変化を読み取る」力です。

ただ、一概に「日々の相場状況の変化を読み取る」
といってもそう簡単なことではありません。

しかし、今なら、今だからこそ
「日々の相場状況の変化を読み取る」
その【答え】を小次郎講師からタイムリーに受け取ることが
できます。
日々の相場状況の変化を読み取る答え知りたい方は

こちらからどうぞ

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.