銘柄抽出システムを開発しました

From:矢口新
ザラバが終わり、ほっと一息自宅のソファーで・・・

 
 
この前、矢口塾でアンケートを取らせて頂いたのですがね、
株式投資に興味がある人が8~9割ほど、
そこにはいらっしゃったんです。

 
それで、
投資をする上では株でも、為替でも、
なんでもそうなのですが、「転換点」を見抜くことなんです。

 
でも実際のところ、
株式の個別銘柄だと、何をもって「転換」が始まりやすいのか。
ということを、探すのが難しいとある生徒さんから聞きました。
 

簡単に言えば、
これから上がる銘柄、下がる銘柄というのは、
「出来高が急増した銘柄」であると言えます。

 
出来高が
急増したばかりの銘柄を発見できれば、
必ずその後に、上がるか、下がるかという値動きが生じてきます。

 
ですから、
シンプルにまとめますと、

 
1.出来高急増銘柄を見つける
2.値動きに合わせて売買する

 
ということになります。

 
ただ、
3000社を超える銘柄の中から、
「出来高」が急騰した銘柄だけを探すというのは、
非常に骨が折れる作業ですね。

 
何をもって、
出来高が急増したのかー

 
ということも
初心者の方には難しいかもしれません。

 
ということで、
私の「出来高急増の考え方」をシステム化して、
銘柄を自動的に抽出することができる、
「銘柄検索ツール」というものをこのたび、開発させていただきました。

 
しかし、
なぜ出来高急増の銘柄を探すべきなのか、
その注意点はどうなのか。なぜ、こういう考え方になったのか。

 
そして、
このツールはどうやって使うのが効果的なのか。
ということを理解して頂かず、ツールだけを配るというのは、
私の投資教育の理念に反します。

 
なので、
投資の学校さんで、今度、
ウェブセミナーを開催させて頂くことにしました。

 
このウェブセミナーは、
無料で視聴ができますし、視聴登録した方には、
この「銘柄選定ツール」を無料プレゼントしたいと思っています。

 
コチラから登録ができますので、
是非、視聴予約をしておいてください。
ウェブセミナーのナビゲーターは、みんなが大好き、柳さんです///
→ https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=fi&formid=795

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


One thought on “銘柄抽出システムを開発しました

  1. 田中義孝

    お世話になります
    20時からのオンラインセミナありますとのことですが、どの方法で見せていただける
    のでしようか、よろしく手配お願いします。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.