【動画あり】日銀の金融政策はやり過ぎか?

From:矢口 新
自宅のトレーディングルームより…

 
投資の学校では毎月、私と小次郎講師が出演している
「相場解説WEBセミナー」というものを開催しているのですが、

今日のブログでは、
今月8日(木)に行った、9月度の相場解説WEBセミナーの収録版を
特別に公開させていただきます。

9月度は、『リーマンショックの真相』というテーマでお話させてもらったのですが、
このリーマンショックが起きた原因は、
米政府による政策金利に、大手米住宅金融機関、大手銀行、証券、保険を巻き込み
作られた、住宅バブルの崩壊によるものでした。

そして今、日本ではマイナス金利が導入されるなど、
これはあくまで私見ですが、
まるで政府主導の金融政策が行われているように見え、

リーマンショックが発生したときの
米国と同じような状況だと、私は感じています。

このままいくと、日本でもリーマンショックと同じような事態が
いつか発生するのではないかと危惧しています。

ですので、今こそ皆さんには
リーマンショックが発生した真相を理解していただき、
今の日銀の金融政策は行き過ぎていないか、という
視点を持つ大切さを分かっていただきたいのです。

詳しくは、下の動画で解説していますので
ぜひご覧になってください。

 

相場解説WEBセミナーは、毎月相場の世界に存在するさまざまトピックの中から、
これを知ることで、相場を見ていくうえでの参考になり、
投資で勝つためのヒントにしていただける、
そんなテーマを毎回選んでいます。

一緒に出演している小次郎講師は、
チャート分析で直近相場の分析を行い、
そこから相場のトレンドの方向性、
トレンド変化の兆候について詳しく解説しておられます。

ナビゲーターで出演している、投資の学校の柳さんと3人で
毎回お届けしておりますが、私も小次郎講師もお伝えする内容は
いたって真剣で、真面目にお伝えしていますが、
ウェブセミナー自体は3人で楽しく和やかな雰囲気でやらせてもらっています。

この間の相場解説WEBセミナーのオープニングで話している時の画像ですが、
見てください。3人とも楽しそうではありませんか?

 
0920blog

また、皆さんが普段触れる情報は、
表面上だけの説明しかされていない、不完全な情報も多く、
問題の本質を理解できるほど、詳しく解説されていないのではないでしょうか。

そこで、この相場解説WEBセミナーでは、
私たちが、さまざまなデータを自ら集め、分析し、
皆さんにとって有益な情報を真面目に楽しくお伝えしています。

 
もちろん、相場解説WEBセミナーは来月も開催します。
日程は、10月6日(木)20時~21時となっています。

私の今回のテーマは、「マインドに訴えかける、日銀の金融政策」です。

先週20日(火)、21日(水)に行われた日銀の政策決定会合では、
マイナス金利政策の継続、
長期金利が0%程度で推移するよう
国債の買い入れを行う措置を導入するなど、

金融緩和策強化のための
金融政策の枠組みを変更することになりました。

そして日銀は、2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現するための
新しい金融政策の枠組みの一つとして、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)
を導入することを決定しました。

次の相場解説WEBセミナーでは、
この「イールドカーブ・コントロール」について解説していきたいと思いますので
楽しみにしていてください。

 
今回はブログを読んでくれた皆さんに、特別に9月の収録版を公開させていただきました。
このブログを読み終わりましたら、ぜひご覧頂きたいと思います。

そして、10月の相場解説WEBセミナーですが、
注目された9月の日銀政策決定会合で
日銀の新しい金融政策が発表となりましたが、

「一体どんな政策なのだろうか」
「相場や私たちの生活にどんな影響を与えるのだろうか」と、
不安に感じられている方もいらっしゃると思います。

10月の相場解説WEBセミナーの内容は、
投資の学校で勉強されている全ての人に
聞いていただきたいという思いから、

視聴登録をしていただいた方に
無料でご覧頂けることになりました。

視聴登録は、メールアドレスを登録するだけの
簡単な手続きでOKだそうです。

10月の相場解説WEBセミナーをご覧になりたい方は、
この機会に視聴登録してみてはいかがでしょうか。
視聴登録はこちらから

それでは、またお会いしましょう!!

 
―矢口 新

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “【動画あり】日銀の金融政策はやり過ぎか?

  1. Keny

    矢口先生の解説、目から鱗が続々落ちて、すっきりしました。また次回を楽しみにしております。

    返信
    1. 矢口新矢口新 投稿作成者

      Kenyさん

      コメントありがとうございます。
      動画もご覧いただいたようで、大変うれしく思います。

      ぜひ10月6日(木)の放送もご覧くださいね。
      引き続きよろしくお願いします!

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.