平野朋之のブログ

常勝トレーダーとしての在り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

12月4日の
東京外国為替市場の
ドルの対円相場(気配値)は、
1ドル=108円台半ばに続落していましたね。

米中関係が
悪化したことによって
影響を及ぼしていた可能性があります。

さらに、3日には
トランプ大統領が
米中貿易協議において
「合意までの期限は設けていない」と
発言をしていましたね。

よって、
リスク回避気分が高まり、
続落していたようです。

併せて、前日の海外市場では
ドル円、米株、米長期金利が
全て下落していました。

市場では
「米中協議の行方を楽観しすぎていた。
合意への期待が薄れている」という声も上げっている様です。

米中両国の動向や
著名人の発言に
世界中が神経をとがらせ、動向を伺っていますね。

そんな世界の情報を
投資、トレードに関して
視野に知れて頂きたいと思いますが

本日は、
安定して利益を上げ続けるための
常勝トレーダーとしての在り方を
伝えたいと思います。

トレーダーとしての在り方を
見直す上で、参考にして頂きたい
勝ち組トレーダーの言葉を紹介したいと思います。

まずは一つ目に
トレーダーの半分が、損になることを早く理解した人ほど、勝てる。
勝てるトレーダーは、損の取り方を知っている

という言葉です。

とても深い言葉ですね。
ポイントは、損になることを理解することです。

損切りは、トレードをする上で
切っても切れない存在ですね。

リスクを管理することで
結果的に勝ち、収益が増えます。

トレードですので、
直近の相場、大きなトレンドを確認していても
損切りの場面は、
必ずあると思います。

このブログを通して、
今から行うトレードに
活かして頂きたいですね。

次に、二つ目の言葉が
あらかじめストップを入れておけば、相場と相談することはない。
心理的にも楽になる

という言葉です。

利益確定も、損切りについても
自動で行ってしまおうということですね。

状況にもよりますが
相場の流れで、
心理状態は大きく変わります。

よくトレードは、メンタルが大切
と耳にするかもしれませんが、
本当に大切です。

どうしても、欲が出てしまうこともありますよね。

しかし、この言葉の様に
ストップを入れておくことで、
心理的にも楽になり
あらかじめ、ギャンブル的な要素にならないよう
コントロールすることができます。

本日は、2つの言葉を紹介しました。
また
勝ち組トレーダーの言葉をご紹介致します。

言葉を参考に、
トレードに活かして下さい。

それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月を掛けて導き出した、
スマホ1つ、エントリーから決済まで10分で完結する
忙しい日本人投資家のためのFX投資の秘密を無料公開中。

詳細はこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA