テクニカル分析のメリット

From:投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

おはようございます。

投資の学校事務局の岩本です。

先週は、基礎編ということで
・pips
・4つのトレードスタイル
などについて紹介しました。

基礎編なので、復習として
確認して頂ければと思います。

本日は、
テクニカル分析のメリットについてお伝えします。

まずは、将来の値動きを予測する分析手法である
「テクニカル分析」
について、お伝えします。

まず、テクニカル分析とは
値動きのパターンを見て、
上がるのか、下がるのか
将来の値動きを予測する手法です。

相場の流れや、売買のタイミングが
わかり、トレードに役立ちますね。

テクニカル分析で使用するものが、
テクニカル指標、インジケータ―です。

ご存じの方も多いと思いますが
インジケーターとは、相場を分析するツールですね。

テクニカル指標は、2つあります。

1つは、
オシレーター系です。

オシレーター系のテクニカル指標は、
相場の過熱具合を確認することができます。

買われすぎているか
売られすぎているか
インジケーターで確認できるということです。

直近に相場状況がわかることが特徴ですね。

・MACD
・RSI
・ストキャスティクス
などです。

2つ目は、
トレンド系のインジケーターです。

トレンド系は、
何より相場の大きな流れを確認することができます。
全体的な相場の動きを把握することで
短期はもちろん、
中長期のトレードにも活用することができます。

主に、
・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
などですね。

インジケーター2種類を紹介しましたが、
例えば、今トレンド系を使用している方は
オシレーター系を取り入れてみては、いかがでしょうか。

最後に、テクニカル分析のメリットについて
お伝えします。

何より、
1番のメリットは、自分の分析次第で
予測精度を上げることができるということです。

例え損益が出たとしても
トレード結果を無駄にせず、改善することで
精度が上がるのは、メリットですね。

さらに、メリットとしては
相場の動きを
ツール上で視覚的に確認することができることです。

相場の動きに対して、
視覚的に確認ができれば、
冷静さも保てると思います。

どうしても予想と反する動きをすると
動揺してしまいがちですが、
視覚的確認ができることで
損切りのラインも含め、メンタルを保てますね。

本日は、テクニカル分析についてお伝えしました。
トレードをする上での、確認や復習に
ご活用ください。

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。

岩本
 

—<<<編集部おススメ>>>—
今日は、17時ドル円、買い。
明日は、21時ポンド円、売り。

「時間」と「通貨」で決まる、
プロの短期トレードの方法を知りたい人は他にいませんか?

詳しくはこちらをクリック

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



2 thoughts on “テクニカル分析のメリット

  1. kappa

    MACDは本当にオシレーター系でしょうか。
    どうなったら買われすぎと判断するのでしょうか。
    どうなったら売られすぎなんでしょうか。
    上限はどこでしょうか。
    下限はどこでしょうか?

    返信
    1. 事務局 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      投資の学校事務局です。
      MACDは、トレンド系やオシレーター系
      両方の特性を持ったテクニカル指標です。

      相場トレンドを確認して頂き
      MACDが、シグナル下から上、上から下抜いた時などです。
      宜しくお願い致します。

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.