今年のアメリカと日本

From:小次郎講師
自宅の書斎より……
 
あけましておめでとうございます。
小次郎講師です。

 
2020年新年を迎えまして
今年1年の投資方針をお話ししたいと思います。

 
私はアメリカが非常に強いと思っております。
アメリカはちょっと上がりすぎているぐらい上がっています。

 
ちょっと上がりすぎぐらい上がっているという事はどこかで調整があったり
暴落という局面があるかもしれません。

 
その調整や暴落が出たときに、
アメリカ株が下がったら世界中の株が下がります。

 
しかし、アメリカ株の影響で世界中が下がったとしても、
持ち直していくのはアメリカ株から持ち直していく、
これが今のアメリカの強さです。

 
ということで、
もし今年暴落相場や調整局面があった場合、
そこではアメリカ株を買うのが良いかと思います。

 
逆に日本株はダメです。
日本株は世界が全体的に上がっている中、

 
連動して上がってくる局面は今年大変期待できますが、
暴落相場でいったん下がってしまうと、そこからなかなか立ち直っていきません。

 
皆さんはここ4~5年で一番大きく下がった下げを覚えておりますでしょうか?

 
まずは、
2015年チャイナショックというのがありました。

 
その次が一昨年、アップルショックと言われて、Iphoneが中国で売れなくなる、
何で売れなくなったかというと、中国とアメリカは貿易戦争やっているので、
中国ではアメリカの製品であるIphoneの売れ行きが悪くなりました。

 
それによってアップルの株価が暴落した、
それによって世界中の株が下がりました。

 
それが2018年の10月~12月の動きです。

 
その後に持ち直して、
高値を世界中の高値を更新しているのに

 
日本はまだ更新しておりません。

 
日本の2019年は結果として上がりました。
しかし2018年10~12月までにかけて下がった、
下げを取り返していないというのが現状です。

 
日本以外のほとんどの国は
2018年10~12月までの下げをあっという間に取り返しています。

 
そして、アメリカ、
この原因となったアップルはあっという間に高値を更新して

 
この時、日本円でいうと2万円、200ドルくらいでしょうか?
現在は1.5倍ほど、日本円でいうと3万円を超えてきています。
アップルがどんどん上がっているのが現状です。

 
一応可能性の話として年頭ですから
ちょっと大きな流れの話をさせてもらいます。

 
平成という約30年の歴史がありまして、
それが終わり令和という年になりました。

 
平成元年に何があったか、
日本の平均株価が4万近くまで値段上がった時代です。

 
バブルの最頂点の時代ですね。
実は日本の最高値はこの平成元年になります。

 
ということは
平成の30年というのは下げ続けた30年。

 
その下げ続けた30年が終わって令和の時代に入りました。

 
そして去年、上げだしましたね。
しかし、世界中の国の中で今から5年株価が史上最高値を更新してない国は

 
日本だけだと覚えておいてください。
日本以外のほとんどの国が今現在が過去の史上最高値もしくは
最高値を更新して今現在ちょっと押し目をつけています。

 
なので、史上最高値が30年前、
30年前の価格をいつまでたっても更新できませんという国が日本だとすると、

 
日本は世界中の国の中で

 
一番景気が悪い
一番どうしようもない国

 
ということになります。

 
ただし、
そこまで悲観するほど悪いというわけではないので、

 
やがてどっかでするすると上げだし、
気が付いたら3万円を超え、気づくと4万円を超える

 
こういう事も十分ありうる、そうなると断言しているわけではないですが
ありうるという事を頭に置いておきましょう。

 
皆さんも
アメリカは引き続き強い状態にはありますが
今年暴落相場や調整局面があった場合はアメリカ株を買い、

 
日本もバルブ時代の史上最高値を更新する
可能性はあるという事は頭に入れて

 
今年1年の相場に挑んでみてはどうでしょうか?

―小次郎講師

 
<編集部のおすすめ>
「情報収集が大事だとはわかるけど、
何からやればいいのだろう……」
何をすればいいかがわからなくてお悩みでしたら、
投資教育界のレジェンドが、
毎月1回、選りすぐりの情報を届けてくれるー
そんなサービスを使ってみませんか?

こちらからどうぞ
 

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

最近の投稿

  • パニックになってはいけない
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 桜も咲きだしまして、陽気も良くなってきましたね。
  • 新型肺炎は最大のチャンスを含んでいるかもしれません
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 以前、 ブログで新型ウィルスについてお書きしましたが、
  • 曲がり屋に向かえ!
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 タイトルにも書きましたが 今日は私の座右の銘につい


2 thoughts on “今年のアメリカと日本

  1. 赤津政幸

    あけましておめでとうございます

    早速ですが 今まで国内株しか扱ったことしかありません
    今年は アメリカ株に 挑戦したいです

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      小次郎講師です。

      2020年新しいことにどんどん挑戦していきましょう!
      私も今年は海外進出を目標に私の手法を世界に広げていくのを目標にしております。

      お互いがんばりましょう!

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.