相場とドラマの共通点

From:矢口新
自宅のリビングより、、、

 
yukan0926

 
相場というものは、
私たちの現実世界にあるものですが、

 
そこには、およそ事実とはかけ離れた
ドラマのようなフィクションが
とても多く存在しています。

 
なかには、事実をねじ曲げて伝えようとするものや
かえって相場をわかりづらくしているものがあります。

 
あなたは、それが何か、
わかりますか?

 
テレビや新聞に出演しているアナリストさんたち?

 
雑誌に書いてある派手な情報?

 
銘柄推奨やいかがわしい投資情報?

 
いやいや、違いますよ。
相場をやるうえで、もっとあなたに身近なものですし、

 
あなたが日ごろ、とても頼りにしているもので、
あなただけでなく、投資家みんな、これが大好きです。

 
それは「テクニカル指標」です。

 
あなたが一生懸命、買い時、売り時を探して
チャートを見ているとき、

 
価格と一緒に表示しているあのテクニカル指標は、
フィクションなのです。

 
価格のデータをもとにして
値動きを視覚的にわかりやすく捉え直している

 
それは、もちろん、
有効であるものもあります。

 
しかしながら、
どれを使ったらいいか迷うほどに
たくさんあるテクニカル指標のうち、

 
ほとんどは、相場というものを複雑に捉えすぎていて
かえってわかりづらくしてしまっています。

 
そして、その複雑で
どこで売り買いすべきかが理解しづらいものを
みんなありがたがって使うのです。

 
それで、そういうテクニカル指標を使いながら、
「どこで買い、どこで売ればいいか」について頭を悩ませているのですから
なんだかおかしな話ですよね。

 
問題は、テクニカル指標がフィクションであることを理解せずに、
まさにテクニカル指標そのものが相場の事実だと勘違いしてしまうことにあります。

 
テクニカル指標は、あくまでフィクション、
参考程度にとどめておくべきものなのです。

 
では、私たちが本来もっとも重視しなければならない
“事実”とは何か?

 
それは、まぎれもなく「価格」そのものです。

 
相場においては
価格こそが事実であり、

 
価格の値動きに従って売買するのが、
相場に対する正しいアプローチなのです。

 
その価格の値動きが、実際にはわかりづらいので、
ローソク足でわかりやすく表示したり、
さらにテクニカル指標を描画して判断材料にしているんですね。

(ちなみに、ローソク足もテクニカル指標なんですよ、ご存知でしたか?)

 
相場で意識すべきなのは、常に高値・安値です。

 
相場というものは、本来とてもシンプルで、
高値を抜いてくれば強い、安値を抜ければ弱いと見るのが基本です。

 
もう少し進んで、
高値を抜けなければ弱い、安値を抜けなければ強い
という見方もできます。

 
この2つが基本的な相場の見方であり、
あとは、そこに自分なりの相場観や、
参考として有効なテクニカル指標を組み合わせて相場を分析していくのが、
価格という相場の事実に忠実な見方であると考えています。

 
ほとんどの個人投資家は相場を複雑に捉えすぎていると思いますし、
あなたも、もしかしたらそうかもしれません。

 
物事は、複雑に捉えようとすると、
本来見なければならないものが、見えづらくなります。

 
そうすると、
結局何がなんだかわからなくなって、
混乱してしまうのです。

 
相場をわかりやすくしようとしているテクニカル指標も
使い方を間違えれば、まったく意味をなさなくなってしまいます。

 
テクニカル指標はあくまで参考、
複雑なものをありがたがって頼りすぎるのは、気を付けましょうね。

 
%e5%9b%b31

 
ね、わかりづらいでしょ?

 
 
―矢口 新

 
p.s.

実は、株式については、
価格ともう一つ、私が「出来事」と呼んで、
相場を読み解く上で重要視しているものがあります。

 
株式投資家は、銘柄選びに苦戦して、
それゆえに利益が出せないと悩んでいる方が
とても多いので、

 
今回、その「出来事」を有効活用した、
収益に直結する銘柄選びの方法論を
オンラインセミナーで紹介します。

 
10月5日(水)、20時から生放送でお送りしますので、
今のうちにお時間を確保しておいてください。

 
そして、ご興味のある方は、
投資の学校の柳さんからのお知らせがこちらにありますので、
ご覧になっていただいて、ご興味がおありでしたら
ぜひオンラインセミナーに参加してください。
⇒ 10/5(水)20時:矢口新オンラインセミナーの詳細を見る

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.