平野朋之のブログ

ポイントを抑えて分析すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

 
本日は、
避けるべきポイントを抑え、
負け組トレーダーの共通点を知って
勝ちに近づく方法

こちらについて
詳しくお伝えします。

 
いくつか質問をしますので、
このブログをみながら、

自分は当てはまるか。
確認しつつ、ご覧ください。

 
まずは、短気な性格か。
ということです。

例えば、短期トレードであなたが、
ポジションを持った時に、
買ったら下がり、
トレードに熱くなってしまう。

短気の性格だと、
冷静な判断ができなくなりますので、
もし自分が当てはまったら、
少しづつ改善して行きましょう。

 
次は、
飽きっぽい性格か。
ということです。

ここでのポイントは、
トレードに対して、飽きっぽいかどうかです。

相場というのは、
波動ですので、
上がる時もあれば、下がる時もありますよね。

ですので、
全勝は難しいと以前からお伝えしていますが

トレンドの状況によっては、
しっかりと利益が得られることがあるかと思います。

しかし、
飽きっぽい性格ですと、
少し利益を上げ、その時間トレードをやめてしまう。

 
これは、
非常にもったいないですね。

継続することで、
もちろんリスクもありますが、
その分、利益を上げられる可能性があるからです。

ですので、
少し辛抱強い。
そんな性格の方のほうが、
よりトレードで勝ちに近づけるかと思います。

次は、
自分であまり解決策を考えようとしない。
基本的に、人に頼ろうとすることですね。

もちろん、頼って頂くところは、
しっかり頼って頂きたいのですが、

自分で学び、
そして実践して自立をして欲しいと考えています。

将来的に見ても、
トレードで利益を上げるのは、
自分自身だからです。

 
最後は、
ポジションを取ると不安感で、一杯になってしまう。
ということです。

不安になる。
ということは、よくわかります。

しかし、
なぜ、そこまで不安で一杯になってしまうかというと、
資金量。これが要因です。

例えば、
小さく、最小単位で注文を入れている方と、
目いっぱいまでポジションを取っている方

とでは、
同じ値幅でも、
心理状態が大きく変わります。

 
やっぱり、
後者の方は大きく不安な気持ちに
なると思います。

 
ですので、
どうしても不安。

という方は、
最小単位でトレードをしましょう。

大切なことは、
資金管理です。

 
是非、今後のトレードに
ご活用下さい。

 
それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

 

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月をかけ、勝率と効率の良さを
追い求め続けて完成したローソク足を使わずに、
勝率7割を超えるトレード手法を
ご覧のあなただけに、期間限定で無料公開中。

詳しくはこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA