浅野敏郎のブログ

売った直後から、売り手は買い手に成り代わる(L)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(K)では、
歓迎されるN波動と
そうではないN波動の違いの見分け方
を主に、

結局は勢いがある場合は
更に伸びる可能性があり、
その可能性をみすみす捨てることは無い、
のではないか?

という提議を致しました。

 
勢いがあるかないかは、
同じ値幅を動いた際に掛かった時間
ということになり、

ずいぶん昔のブログでも、
時速になぞって説明した記憶があります。

 
押しや戻しが浅いN波動は、
上昇や下落の余力が強い…という見方を
一つの定義とし、

時間をかけても
V計算値もままならない場合は、
天井も近いと疑う価値はある
というお話も致しました。

 
今回は、VもNも越えて勢い付く相場の
一種の限界と考えても悪くない
「行き先」についてご説明いたします。

————————————

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

地域限定とはいえ遂に、
日本にもコロナ感染拡大対策として
緊急事態宣言が出されました。

内容はかなり雑
という印象はぬぐえませんが元々、
一致団結のためのスローガン的な目的
だとするなら、
やはり遅すぎた観は否めません。

 
いつかこのコーナーでも、在宅でできる
トレードの術を知っておいて良かった…
という感想を述べた記憶があります。

とは言ってみたものの、
ここ数週間は大きな揉み合いという値動きで
なかなか参入機会がない状況である一方で、

在宅でも手軽に参入できるトレードが今、
見直され始めているということで、
個人投資家の取引口座開設が急増している
模様です。

昨今の時勢の中、
どう考えても世界中の株価インデックスが
上昇する理由など見当たりませんが、

このような底堅い値動きの要因がもし、
初心者の安易な買いの集まりが一因だとしたら、
NISAの二の舞に成りかねないかも知れず、

少なくとも、
全力で参入する地合いでない事だけは、
申し上げておきたい気持ちでいっぱいです。

———————————–

さて、
フェーバーなポジション、つまり、
含み益が拡大中のポジションがある状況は、
誰しもが理想とすることだと思いますが、

「決済(利益確定)が一番難しい」
と言われるように、

そこそこ伸びた相場から
自分で降りる(利益決済)行動にも
一種、恐怖に似た感覚があり、
それを克服するには相当の勇気が必要です。

 
含み益といえども利益が増える中で
なぜ恐怖に思わなくてはいけないのか?
初心者の方は特に不思議に思うかもしれません。

しかし、相場はいつか必ず反転するため、
現在の含み益を全て失い、
いつ損失地獄へ突き落されるかわからない…
というのが、大体の心情なのでしょう。

しかし、少し考えてみましょう。

いつ反転するかわからない
というのは一つの真実かもしれませんが、
この考え方の裏腹は、

なぜ収益が出ているのかも定かではなく、
どうなれば決済すべきという考えもない
いわば、ノープランのトレード
ということになりますね。

ですから、もし相場の「行き先」が、
イメージできるのであれば、
それは一つの安心材料になるはず…

というのが「行き先」についての話です。

 
さて、ここまでも、
上昇や下落を3波動で考えてきました。

今回も上昇相場で考えてみますが、
例えば第1波動の買い手が、
腰が入った強い買いだったとします。


最初の高値Bを付けた時点で、理論上は
買い100に対して売りも100と見なせます。

通常、第2波動となる押しは、
第1波動における一部の買い手が、
利益確定を持ち込むことでできる波動
だと言われています。


しかしもし、買い手は一切動かず、
新たな売り手が更に売り仕掛けた結果が
第2波動だとした場合、


誰のフォローも得られなかったとしたら、
第2波動を作った売り仕掛けの分は
直ちに買い戻され、

それを見ていた第1波動の売り手は不安に駆られて
Bの高値越えで、
売り100を全て買い決済してきたとすれば、


Bから買い100の分だけ上昇する可能性
つまり、A-Bの値幅分はBから上昇する
という見方が出来ます。

 
この値をE計算値といい、
第1波動の目先の強さでは最強とされます。

この考え方はもちろん、
根拠のない楽観的な目標値ではありませんが、
V値、N値などの通過の仕方によっては
初めて期待値として考えられる、
ということにもなりそうです。

 
第2波動の深さによって、
N計算値は大きく異なり、
その意味は幾度か説明してきましたが、

上昇中の相場で何も手がかりがなく
含み益が増えているような時、

もしN計算値を越えているのであれば、
N計算値割れをストッププロフィットとして
E計算値を狙ってみるという戦略も
当然出てくるべきで、

N値で自ら相場から降りてしまうのは勿体ない
と言った前回の表現にもつながっています。

 
では今回で一旦、「行き先」についての説明は
終わりにして、
次回はその総括をしてみたいと思います。

 
 
浅野敏郎

—<<<編集部よりおススメ>>>—
トレーダーと職人、
どちらも愚直に同じことを繰り返し
繰り返しているうちに技が身に付き、
それを繰り返すことで技が磨かれる。

まさにそれを体得して
過酷な相場の世界で生き抜いてきたのが
レジェンド矢口 新(あらた)先生です。

 
その矢口先生が長年かけて到達した技を
余すことなく無料公開している講座が
こちらです。
↓↓↓
詳細確認&申し込みはこちら

銘柄の選び方や売買タイミングは
一貫した明確なルールに沿って
それを繰り返すだけ。
これこそが着実に利益を積み上げる
矢口流・株式運用の技なのです。

数十年かけて到達した技のエッセンスを
僅か数回の動画に恐縮した、
究極の時短講座となっています!!

是非一度、受講してみてください!
↓↓↓
詳細確認&申し込みはこちら

◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらからお願いします

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA