エントリールールを絞れば相場の見方も絞れる(M)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(L)では、
「行き先」探しの最終章として
一目均衡表のノウハウをお借りして、

目先最大となるE計算値を
「途中の通過点」という視野から、
一種の目標値として解説しました。

その根拠として、
E計算値の達成を考える段は、
既にVやNの計算値をクリアしており、
上昇余力があることを証明した後の話
ということを申し上げました。

今回のテーマ(M)はお約束通り、
これまでの「中締め」的なお話を
して参りたいと思います。
————————————

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

 
昨日、非常事態宣言の対象地域が
全国へと拡大されました。

大都市の自粛が広まったことで、
行き先を求めて、
周辺都市へと人が流れている…
と聞いた時は、
「なるほど!」と妙に納得した半面で、

そこまでして、
一体何を求めて動いているのか?
と理解にも苦しみました。

人類対ウィルスの世界戦争
長引けば長引くほど様々な角度からも
人類の負けが濃厚と予想される中、

最短距離で鎮静化を達成するには、
一人一人が個人の責任を果たす他に
無いのだと思います。

———————————–

シリーズの大前提は「揉み合い放れ」

アルファベットを末尾に振って開始した
今回の大テーマは先ず前提として、
相場の方向性に付くためには
大なり小なり「揉み合い放れ」
(ブレークアウト)しかない、という立場で、

長期揉み合いの放れが一番有利であり、
それを逃した場合は、
繰り返すN波動の第三波動が確定する瞬間
のブレークを追いかけるしかない、
ということを述べてきました。

「放れ(ブレークアウト)」を狙うという事は、
直近の最高値や最安値を越えて
相場を追いかけることになり、
加えて、「ダマシ」に遭うかもしれない恐怖から、
なかなか行動しにくいところはありますが、

直近波動の高値や安値はそのまま
レジスタンスとサポートを意味し、
その手前では当然、
レンジトレードの売買が厚くなります。

しかし、そこを抜けるという事は
ブレークアウトの新規売買に加えて、
レンジトレードの手仕舞いが
単純に加算されるため、
ブレークした方向性への圧力は、
レンジで反転する場合の数倍にもなる
可能性が高く、

それだけでも断然有利な取り組み、
ということになります。

相場を単純に分析できた理由

ところで、ここまでの解説の中で、
私が示してきた数値と言えるものは、
直近波動(しばしば第1波動として把握)
の高値と安値、そしてその半値
あとは、3種類の計算値程度で、

トレンドラインはおろか、
複雑な計算を要するオシレーターに至っては
一切(確か…)触れていません。

それだけ、単純に波動と値動きだけで
相場を見てきた訳ですが、

それが可能だったのは、
トレンドを相場の方向性と考えるなら、
揉み合い放れ(ブレークアウト)しか
エントリーポイントとしてあり得ない
と考えたからでもあり、

そうすれば、
後はその放れの信憑性だけを考えれば良く、
低ければ見送り、
エントリーした場合は方向性の強弱だけに
集中すれば良いことになります。

今後の方針について

専門の為替相場は、コロナショックによって
全体的に壊れてしまった後で、
通常の相場に戻るには、まだ時間が掛かる
と見ていますが、

とは言え、少しでも実際のチャートに沿って、
自分なりの見るべきポイントを述べる、
ようなことを取り入れたいと思います。

ただ、そのためにはやはりどうしても
一目均衡表チャートを表示することになり、
となると、あと数回はチャートに関することや、
時間の考えを簡単に触れる必要がありそうです。

深堀すればどこまでも深く、
自信につながる見方はマダマダの未熟者ですが、
その片鱗でもご理解いただければ何よりです。

 
 
浅野敏郎
P.S.
今回は幾分、抽象的な内容になってしまいましたが
過去記事をお読みいただければご納得いただけると
思います。自粛の中、もしお時間があれば是非…

 
—<<<編集部よりおススメ>>>—

トレーダーと職人、
どちらも愚直に同じことを繰り返し
繰り返しているうちに技が身に付き、
それを繰り返すことで技が磨かれる。

まさにそれを体得して
過酷な相場の世界で生き抜いてきたのが
レジェンド矢口 新(あらた)先生です。

 
その矢口先生が長年かけて到達した技を
余すことなく無料公開している講座が
こちらです。
↓↓↓
詳細確認&申し込みはこちら

銘柄の選び方や売買タイミングは
一貫した明確なルールに沿って
それを繰り返すだけ。
これこそが着実に利益を積み上げる
矢口流・株式運用の技なのです。

数十年かけて到達した技のエッセンスを
僅か数回の動画に恐縮した、
究極の時短講座となっています!!

是非一度、受講してみてください!
↓↓↓
詳細確認&申し込みはこちら

 
◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらからお願いします

 
◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

最近の投稿

  • 浅野敏郎
    ポンドドルの現状把握(X)
    「投資の学校」浅野敏郎 From 新宿オフィスの編集室より 先週までで一通りの理論的な話を終え、 残り少ないですが、 実際の相場を見ながら これま
  • 浅野敏郎
    雲のねじれは売買サインか?(W)
    「「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より 前回V号では、 トレンド相場を示すことが出来る 最小単位のN波動で、 第2波動までの時
  • 浅野敏郎
    「三波動には頂点が2つある」がヒントです(V)
    「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より 今回の通し記号はいよいよVとなり、 終盤に差し掛かった実感があります。 前回のU号では、 連


2 thoughts on “エントリールールを絞れば相場の見方も絞れる(M)

    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      re凡 様、

      ありがとうございます。
      ただ、多くは半値という概念を中心に…というイメージをしておりますので、
      よろしくお願い致します。

      散々寄り道をした後に一目均衡表にたどり着いたのですが、
      始めから勉強していれば良かったと思います。
      ここまでのお話もかなり、影響を受けておりますが、
      最近は人生訓としても活用しています。

      浅野 敏郎

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.