三角形は色々あるからこそ単純に考えたい

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より
配信が遅くなりました、お詫び申し上げます

先週はチャートパターンとしてメジャーな
「トライアングル・パターン」
を取り上げました。
日本語では「三角保ち合い」と総称されますが、

この保ち合いに対して、
上昇のパターンと下落のパターンを
細かく定義することは
余り意味を成さないと申し上げました。

下げてきた相場が
三角保ち合いを下抜ければ
その形に関わらず下落のパターンになる
のは当たり前ですし、
その逆もまた然り、だからです。

揉み合いの期間に関する議論も、
長ければ長いほど抜けた時の勢いは強い
と言うのは一般的に間違いではないものの、

大きく動きた後の保ち合いでは逆に、
短時間で同じ方向へ抜けた方が、
勢いが強いというのも確かであり、

つまりは見方を変えると、
正反対にもなりえる定義などについては
あまり関わらない方が良いかも知れません。

さて今週はもう一段踏み込む予定ですが、
簡単な統括になると思います。

————————————

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。
そして、
師走入りして丸4日が経過しました。

通常であれば
時間経過の速さを嘆く季節ですが、

2020年は余りに激動の年となり、
正直なところ何と締めくくれば良いか、
今から悩ましい…
そんな一年でした。

恐らく多くのアノマリー的な考えは
COVID19によって、
機能不全となった可能性が高く、

ドル円相場などは、
2月下旬から3月下旬にかけて起きた
コロナショックと言われる
乱高下のレンジの中で結局揉み合っただけ
でした。

世界的に株式市場が堅調だったことは、
投資業界にとってせめてもの救い
ではありますが、

実体を伴わない上昇相場をみると、
マネーゲーム化していることは間違いなく、
買い持ちされている方々も決して
居心地がよい環境とは言えないのでは、
と思います。

———————————–

前書きでも述べたように、
トライアングル・パターンを
和訳すれば「三角保ち合い」ですから、

保ち合いという限りは、
どれも概ね同じ解釈が当てはまり、
逆にそうならないと本当の見方ではない
と思います。

チャートは大体、時間経過とともに
横軸を右に向かって動きますから、
トライアングルの形は、
右端にある頂点に向かって出来上がっていく
ことになります。

一般的には
保ち合いがその頂点まで継続することは
非常に稀ではありますが、
その頂点を上下に垂直に動かしてみると

基本的には、
最初の押し/戻しの高値や安値が
頂点の限界になります。

1)頂点が高値に近いほど買い圧力が残る
2)頂点が安値に近いほど売り圧力が残る
3)頂点が半値に近いほど売買が均衡している
という解釈も見受けられ別途、

1)を上昇トライアングル
2)を下降トライアングル
として、1)は買いサイン 2)は売りサイン
という説明も散見されます。

確かに
1)は買い急いでいる状況
2)は売り急いでいる状況
が伺えますが、

1)の上値トレンドラインは通常のレジスタンス
2)の下値サポートラインは通常のサポート
と同じですから、

抜けた方へ動きやすいという、
極一般的なブレークアウトを指している訳です。

ですから形とは無関係に、
単に保ち合う前のトレンドと
同じ方向へ抜けた方がトレンド継続となって、
更に妙味がある…
程度の理解の方が単純です。

さて突然ですが次のチャート図を、

垂直破線を期間とするローソク足として
新たに作図し直してみてください。

正解は以下の通りですが、

保ち合っていた期間のローソク足は、
単純に胴体部が薄い下ヒゲ陰線でしかなく

この足を見る限り、この足の期間の値動きが
三角だろうが、V字だろうが
四角だろうが、W字だろうが、
OHLC(始高低終値)さえ同じであれば、
結局同じ容姿になります。

ということは逆に考えれば、
この陰線の期間に価格がどう動いたか?
を問うのは余り意味がないことが分り、

増してや三角の形でそれぞれ意味が違う
というのはどう考えても、
変な話になってしまうのです。

例外的な三角系

一般的な三角形は、
頂点が底辺の幅の間に収まり、

頂点を示した先の図の
1)から2)の間に収まるのが普通ですが、

底辺の幅をはみ出しても
3点を結んだ形なら三角形であるのは確かで、
チャートでもこうした形保ち合いがあります。

4)を上昇ウエッジ
5)を下降ウエッジ
などと呼んで区別する場合もあるようです。

確かに、上昇中の相場が4)を形成し始めると
上昇力が減退しつつあるという見方は
間違っていないと思いますが、
このパターンが即、反転のサインとするには
矛盾もあります。

つまり、同じ4)でも下落中の相場に現れると
トレンド再開のサインとするケースもあり
同じ形でも意味が全く異なる場合があること自体、
もはや形によるパターン分析とは言えません。

トレンドラインを無理やり引こうとするから、
ウエッジという形が浮かび上がってしまうのですが、


上昇中に4)が出ること自体は、
単純に上昇を継続しているだけですし、

下落中に4)が出れば、
ウエッジ自体が単純な戻し波動になっているだけ
だと思うのですが、…
皆さんはどう思われますか?

という訳で説明が一部雑になりましたが
これで一応トライアングル系パターン考察も
網羅できました。

トライアングルのパターンに限らず、
揉み合い後のブレークアウトは、
どんな移動平均線よりも早く始動します。
(期間が1なのですから当然ではありますが、)

その他のオシレーターなどのツールも殆どが
結局は始動した後の状況を探るものですから、

ブレークアウトのような価格変動を
先に理解した上で
こうした分析ツールを活用すればきっと、
これまで以上に確度が高い取り組みが
可能になることでしょう。

浅野敏郎

—<<<編集部よりおススメ>>>—

◆◆◆YouTube配信、続々更新中!!◆◆◆

投資や経済に纏わる教養を
プロの講師と共に配信しています!
ここ最近で注目されているテーマや話題は何か?
これをご覧いただくだけで判ります。

チャンネル登録も是非、お忘れなくお願い致します!
↓↓↓
チャンネル登録もワンクリック願います

◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらからお願いします

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.