水上紀行のブログ

急騰・急落のメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 水上紀行

たとえば、あんな高いところ、
良く買うなと思いませんか?

相場が、急騰あるいは急落する原動力は、
ロスカットだと個人的には考えています。

新規のポジションメイク(ポジション作成)が一時に大口で出れば、
確かにそれなりの上昇なり下落なりにはなりますが、
ロスカットによる急騰・急落に比べれば、それほどのものでもありません。

なぜなら、新規のポジションメイクは、慎重に行われるのが一般的で
特に超大口ともなれば、マーケットを壊さないように1週間がかりで行われる場合すらあります。

しかし、ロスカットは、どんなプライスでもいいから早く損失を食い止めて、
早くマーケットから出たい一心から、一時に行われます。

しかも、マーケットの全体のポジションが
売りポジションなり買いポジションなりに大きく偏っていればいるほど、
実際が思惑と異なった結果となれば、多数のマーケット参加者のロスカットが集中することになり、
結果として、急騰・急落を演ずることになるわけです

そういう意味で、今の相場観のファッション(はやり)を知って、
それに則したポジションメイクをすることは大事ですが、
同時に、マーケットの大勢と同方向のポジションを持っていることも自覚しておかなければなりません。

そして、いったん形勢が思惑とは違っていると気づいた時には、
躊躇せずポジションクローズ(ポジションを閉じる)することが、
結局は自分自身の身を守ることになります。

また、ロスカットによる急騰・急落は、
急騰であればショートの買戻しで上げてショートが解消されただけですので、
その直後はポジションに偏りがないためすぐには本格的には反落しません。

そして、急落ならロングの投げで下げてもロングが解消されただけですので、
同じくその直後はポジションに偏りがないためすぐには本格的には反騰しないと見ておくべきでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメント

  1. より:

    資産をいかに増やすか知りたいですね。

コメントを残す

*

CAPTCHA