水上紀行のブログ

タフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 水上紀行

 

タフ(tough)

 

「タフ」という言葉は、

「疲れを知らない元気な」というニュアンスで使っているように私は思っていました。

 

ロンドンにいた頃、アシスタントの若い女性が、

まさにこのニュアンスどおりの元気な子だったので、

“You are tough.”と言ったところ、「私のどこがタフなの?」ときつめの返事が返ってきて、アレ?と思ったことがありました。

 

それもそのはず、「タフ(tough)」は、

英語では「きつい」というニュアンスが強い言葉だったからです。

 

また、「ホッチキス」をどうアクセントを変えてみても通じなかったことで、

「ホッチキス」も和製英語であることを知りました。

 

ちなみに、ホッチキスのことを、stapler(ステイプラー)と言います。

 

さて、余談はこれくらいにしまして、

英米にいて思うことは、英語本来の意味での「タフな」連中が多いことです。

 

弱肉強食の社会を渡っていくためには

タフでなくてはやっていけないのだと思います。

 

そして、外国為替市場は世界中から参加してくる人々によって構成され、

その中にはタフな連中も少なくないことは想像に難くありません。

 

彼らから学ぶべき点は、

勝つことへのしつこさ、ねちっこさだと思います。

 

ニューヨークの頃の同僚ディーラーは、

狭い値幅での売り買いを日がな一日続けて利益を出していましたが、

相場の隅々まで取ってやろうとするそのねちっこさには、本当に感服しました。

 

潔し(いさぎよし)を良しとする日本人であっても、

相場の世界では、この勝つことへのしつこさ、ねちっこさは身につけるべきかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメント

  1. もぐら より:

    張り付くことなく
    時間帯を

コメントを残す

*

CAPTCHA