ニコラス・グールドのブログ

トレードに役立つSNSの活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:ニコラス・グールド

 
 
スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、
どんなスタイルでトレードするにしても
 

ニュースの存在を無視することは出来ません。
 

特に比較的短い時間軸でトレードするトレーダーに取って
情報収集というのは大切な準備の一つになります。
 

もっとも、多くのトレーダーがどこから情報を取ってくるべきか
明確な手段を持っていないようです。
 

情報収集を怠って、ニュースの存在を把握していなければ、
突然の大きな値動きに対処できずに、損失を出すことになってしまいます。
 

そこで、今日はニュースを把握する上で役立つ
情報収集の方法を紹介します。
 
 

情報収集というと、ほとんどの人が
早耳情報のことを意味すると考えますが、
 

ここで知っておかなければならないのは、
経済指標の発表や、各国金融機関の重要人物の発言についてです。
 

経済指標は、前もっていつ発表されるかがわかっていますので、
各証券会社のホームページや「みんかぶ」などの情報サイトで
発表日時を知ることができます。
 

便利なものでは、チャートソフト自体に
指標の発表日時が表示されるものもあります。
 
 

そして、重要人物の発言を知る方法ですが、
これがなかなかみなさんなじみがないようです。
 

有名なところでは、ロイターやブルームバーグなどの
情報機関をリサーチすれば、ほとんどの情報が手に入りますが、
 

一般投資家にとって、とても有効な方法の一つは
「twitter」(ツイッター)です。

 
Twitter上にはたくさんの投資家がいますし、
証券会社や投資関連雑誌のアカウントもあるくらいです。
 

重要人物の発言だけでなく、
経済指標の発表結果も、ここでいち早く知ることが可能です。

 
ただ、少し気をつけないといけないことがあって、
それはtwitterにアップされている情報が
必ずしも正確性が保証されていないということです。
 

もちろん、ほとんどが信用に足るものですが、
なかには間違いがあったり、怪しい情報もあるので、
気を付けてください。

 
信頼性を図るためには、
たくさんの人からフォローされているアカウントであることが
一つの参考になります。

 
それからもう一つは、
twitterで書かれている情報を実際に自分でも調べて、
正しいかどうか確認することです。

 
Twitterが早いのは間違いないので、
スピーディーに情報に触れて、その正確性は自分で確認する。

 
これが、間違いを防ぐ方法としては
一番良いでしょう。
 

もし、いつもニュースを知るために
何かいい方法はないかと探しているなら、
twitterを試してみてください。

 
インターネットで「twitter」と検索すれば、
簡単に見つけることができます。

 
 
もっとも、情報ばかり探して、
うわさ話などを真に受けて予想でトレードすることは
絶対に避けてくださいね。
 

ニュースを知ること、情報収集をすることは、
あくまでマーケット状況の急変の可能性をあらかじめ把握し、
不必要な損失を防ぐためにあります。
 

よく理解しておいてください。
 
 

—ニコラス・グールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA