ニコラス・グールドのブログ

ロスカットすると落ち込んでしまう方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
 
トレーディングはいつも勝てるわけではありませんので、
どうしても損失になってしまうことはあります。

 
しかしながら、
そうは言っても、ロスカットになった時の気分は
やはり良いとは言えないものでしょう。
 

慣れている、とは言っても、
私も残念な気持ちになりますし、
 

多くの方が、損失が続けば、
イライラしたり、もうトレードをしたくなくなってしまったり
気持ちが落ち込んでしまうと思います。
 

そこで今日は、
損失を受け入れ、損失に対処する
メンタルコントロールのアドバイスを送ります。・・・

 
まず理解しておくべき大切なことは、
繰り返しになりますが、

 
損失はトレードの一部であり、
100%の勝率を求めることはできないこと、

 
損失は、利益を生み出すための
必要経費であることです。
 

その上で、
損失に対処するための方法を紹介します。
 

1、いつ損切りするのか簡単なルールを持つ

ポジションを持つ前に
どこで損切りするかを決めておきましょう。
 

たとえば、

・pips数で決めておく
(10pips逆行したら損切りするなど)

・移動平均線などのインジケーターが方向転換したとき

・ポジションを長く持ちすぎた場合

・自分の持つポジションと逆行するニュースが出たとき

などです。

 
どんなルールでも大丈夫ですが、
大切なことは、あなたがトレード前に
明確なルールを持ち、それを守ることです。

 
2、マーケットのランダム性を受け入れる

マーケットは常に動いていて、
あなたがその動きに影響を与えることはできません。

 
そのため、必要な分析を行い、
どれだけ自分のトレード手法に確信があっても、
必ず利益を得られるという保証はありません。
 

マーケットを100%予想することは不可能であり、
自分のポジションが間違っていることがわかったら、
損切りをして、次の機会を待つということを理解しましょう。
 

3、自分を信じる

未熟なトレードの多くは、
損失分を取り返せないのではないかと心配し、
損切りをためらってしまいます。
 

ですが、それでは失敗を重ねるだけ、
いつまでも成功できません。
 

理解すべきは、
勝ちトレードを思い出し、
自信を持って素早く損切りすること
そして次のトレードのチャンスを探すことです。
 

それによって、
損失分を取り戻すことが
可能になります。
 

4、休憩を取る

損失を出して、
もしあなたがイライラしたり、
怒ってしまうのであれば、
 

一度、あらためて集中力を高めるために
休憩を取りましょう。

 
イライラして、集中力を欠いたトレードをすると、
せっかく稼いだ利益をすべて吹き飛ばしてしまうことにつながります。

 
焦ることはありません。

 
マーケットはいつでもそこにあり、
あなたにトレードの機会を与えてくれています。

 
損失をいたずらに増やさず、
コントロールして、明日のトレードにつなげましょう。

 
 
いかがでしょうか?

 
損失をコントロールできていれば、
一回のトレードの結果は、トータルでの損益に
大きな影響を与えることはありません。

 
トレードとは、
長期的な視野を持って行うビジネスであり、

 
継続的に成功しているトレーダーは
リスクコントロールを重要視し、
常にトレードのプロセスを改善する努力を惜しみません。
 

あなたも、私が紹介しているアドバイスを参考にして、
ぜひトレードの改善を頑張ってください。

 
 
—ニコラス・グールド

 
<編集部からのオススメ>

株をやっていて、
ロスカットするどころか、
塩漬けにしてしまってどうしようもない・・・

とお悩みの方には、
株価が下がっても利益を出せる
「空売り」の知識と技術を
身に付けることがオススメです。

なかなか「空売り」の授業はありませんが、
投資の学校には、空売り専門の講座があります。

詳細は、こちらから。

https://fx-school.net/lp/karauri201702/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA