敵の城を攻め落とせ!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿の作業デスクより

 
 
NHKの大河ドラマは、「真田丸」から「女城主 直虎」へと、
戦国時代の話が続きました。

当時の武将たちは、敵の城を乗っ取る形で、
前の城主がもっていた統治権も乗っ取るという方法で
自分の勢力を強めていったようです。

乗っ取り方は様々で、
平和的な開城や落城前の城主逃亡によって、城は概ね無傷だったり、
火を放って焼失させ、新たに築城するケースもあったようですね。

今日は、自陣を相場の買い勢力、敵陣を相場の売り勢力に例えて
重要な高値の攻防をイメージしてみましょう。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

今週はFOMCの結果発表がありましたが、
大方の予想通り、政策金利の追加利上げは見送られました。
また今週と言えば、
降って湧いたような衆議院の解散総選挙話もありましたね。

海外投資家は日本人の想像以上に、政治ネタには反応します。
特にドル円相場については、この2週間は目を見張る強さですが、
その方向性については、まだまだ不透明なのかもしれません。

 

敵の城を相場に例えると

 
買い勢力である私たち自陣は、
あの丘の上にそびえている敵の城を目指して、
正に進撃をしている最中だとしましょう。

途中で出会う売り勢力の敵兵は、まだ疎(まばら)ですが、

買い相場の途中で出会う売り手は、
売れた途端、決済に向けた買い手になりますから、
敵兵はその場で降伏して、自陣の味方になってくれるのも同然です。

そうしながら買い勢力の自陣は力を増しつつ、敵城の近くまで進撃しました。

 
そこには当然ながら、
多くの敵兵が城を守ろうと待ち構えており、自陣も苦戦を強いられるでしょう。

重要な高値付近では売りが出やすいというのは正にこの状態なのです。

 
もしここで敵城を攻め切れなければ、
買い勢力の自陣はやがて消耗し、後退せざるを得なくなるでしょう。

この場合はつまり、「敵の城」とは重要な高値だったことになり、
抵抗(レジスタンス)として機能したことで、
上昇相場が一転、反落する局面になってしまった訳です。

 

重要な高値を越える意味

 
重要な高値を越えた場合は、自陣が敵城を攻め切ったことになり、
こんな状況で、売り勢力の敵兵はどんどん逃亡していくでしょう。

一方で、城内に立てこもっていた多くの敵兵は、
落城と同時に、我々買い手によって売らされてしまいますから、
そのまま買い手へと寝返って自陣の味方になります。

敵兵が少ない中で、私たち買い手は一層勢力を増すことができ、
さらに自陣を広げようと進撃も可能になっていきます。

相場に当てはめれば、これがブレークアウトであり、
落城によって多くの売りが買いに寝返るとはつまり、
ストップロス注文が成立していく様を意味し、
これこそが上昇に勢いがつく一大要因だったのです。

 

さっきまでの敵城は自陣のもの

 
しかし、さすがに一方的な上昇も続かず、
いつかは退却を余儀なくされる局面もあるでしょう。

しかし、これまで重要な抵抗線だった高値は、
もうすでに越えてきたわけですから、
そこまで戻れば、我々の手に落ちた城に居残る味方の援護を
受けられるはずですね。

相場でよく言われる、

抵抗線は越えると支持線になりやすく、
支持線は割れると抵抗線になりやすい

のはまさに、こういう事だったのであります。

 
 
どうでしたか??

こんなことを思いながら、実際に相場を見てみると、
緊張しなければいけないポイントが分かるようになります。

もっと引っ張るか? そろそろ見切るか?

こうした判断力を身につけるための、
結構な鍛錬になるのではないでしょうか。

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

売買取引が成立するという事は、
買えた自分の取引には、必ず相手となる売り手がいます。

ドル円相場で言えば、

109.00の取引
110.00の取引
111.00の取引

それぞれで、売り手と買い手が同じ取引額を取引している・・・
にも拘わらず、

2017年の
8月は円高に推移し、
9月は円安に推移しているというのは
本当に不思議です。

その理論が理解できれば、
後は効率よくトレードをするだけで、相場を味方につけることができます。
その理論とはまさに、
矢口先生がまとめあげた

「TPA理論」なのです。
もう少し詳しい内容を見てみたい方は
↓↓↓
こちらのページに買いてありますので、ご覧ください。
https://fx-school.net/lp/tpa_special/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

 
 

最近の投稿

  • 浅野敏郎
    よく見たら、1円でした!!
    「投資の学校」浅野敏郎 From自宅の寝室より ***今回は随分と遅くなり、お詫び申し上げます*** 大きさの概念が掴みにくい被写体を撮影
  • 浅野敏郎
    GWのシミュレーションになる、かな? 
    「投資の学校」浅野敏郎 From新宿オフィスの編集室より 日本のGWに先駆けて、 欧州市場が長期のイースターホリデーに 突入しました。 今
  • 浅野敏郎
    にわかに復活しつつあるスワップ金利の件
    「投資の学校」浅野敏郎 From自宅の寝室より いつかのブログで、 スワップ金利のお話をした記憶があります。 その時のメインテーマは 現在


敵の城を攻め落とせ!」への2件のフィードバック

    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      今井淳一 様、

      コメントありがとうございます。
      相場って、
      擬人化してみてみると、結構面白いです!

      面白さが判れば興味がわく
      興味がわけば勉強もつらくない
      勉強して知識が付けば実体験でも怪我はしにくい
      実体験を多く積めば、その道のプロに近づける

      面白さを伝えて参りたいと思います。

      面白かった時にまた、コメントをお待ちしています。

      浅野

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.