攻めるためのリスク管理

From:小次郎講師
自宅の書斎より・・・

 
そろそろ選挙がありますが、
よく考えると「議員」という職業は大変ですよね。

 
選挙に勝てば晴れて議員の道へ、
負けてしまえば長ければ数年、議員ではない人 
として過ごさなければなりません。

 
とある政治家の秘書の経験者の方のお話を聞いたことが
あるのですが

 
選挙に勝つか負けるかで、
天と地の差があるそうですね

 
野に下るときは本当につらいので、
大きな志、目標、ビジョンがないと
そもそも政治家にならないほうがいい、
とおっしゃっていました(笑)

 
ちなみに、手に職をもっていたり(医師、弁護士など)
一族が会社経営をしていたりすると
安心感はあるみたいです。
ある意味、リスクヘッジになるということでしょう。

 
勝ち負けがはっきりするという点や、
そして常に資金を失うというリスクを抱えている
という点からすると、
投資も似ているかもしれませんね。

 
投資の世界でも

 
「リスク管理」をしっかりとする
必要があります。

 
よく勘違いしている方がいらっしゃいますが、
リスク管理は、最大限の利益(リターン)を得るために、
適正な最大限のリスクをとる考え方で、

 
単純に資産を守るということにとどまりません。
攻めに通じる考え方なのです。

 
繰り返しますが、
リスク管理、というのは、
取引の度に(破産しないという前提のもと)自分の取れる最大限のリスクをとること
です。

 
限度を超えたリスクをとるとあっという間に破産してしまいます。
ですが、リスクを過剰におさえると、破産はしないかもしれませんが、
利益はわずかになり、そもそも投資をしている意味がありません。

 
投資はお金を増やすためにするのですから、
リターンを得るためにはリスクを獲りに行く必要があります。

 
そのためには、自分の適正なリスクを知り、
トレードの最中は常に自分のリスク量を把握しておく必要があります。

 
今、投資用資金の何パーセントのリスクをとっているのか、
ロスカットラインはどこに置くべきなのか
常に意識してトレードをすることが、リスク管理のスタートになります。

 
収益をあげるために「リスク管理」をする
ということを忘れないでくださいね。

 
 
<編集部のおすすめ>

約30人の投資素人たちが
たった2週間の教育だけで
4年で年平均80%の利益を叩き出した秘密

それが、『資金管理』

損失を最小限にするのではなく、

いかに資金効率を良くして
利益を最大化させるかに徹底的にこだわったのが
『資金管理マスタープログラム』

期間限定の特別価格は今だけ!

https://fx-school.net/lp/shikinkanri_sl_b/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿

  • パニックになってはいけない
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 桜も咲きだしまして、陽気も良くなってきましたね。
  • 新型肺炎は最大のチャンスを含んでいるかもしれません
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 以前、 ブログで新型ウィルスについてお書きしましたが、
  • 曲がり屋に向かえ!
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 タイトルにも書きましたが 今日は私の座右の銘につい


4 thoughts on “攻めるためのリスク管理

  1. 爾今

    “(-“”-)”たしかに、勝率が下がるとリスクリワード比率は上がりますものね。
    もしかしたら…この2つは反比例なのでは?とまで思いました。

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      爾今 さん

      コメントありがとうございます。
      リスクリワード比率(RR比率)は、
      勝率との関係を見て、
      「どういう状態であれば勝てる状態なのか」
      を教えてくれる数字ですよね。

      「RR比率が高ければ、勝率が低くても勝てる」
      ということになるます。「
      反比例、とならずに、
      勝率もRR比率も、両方高くなるといいですね(笑)

      ご参考までに、
      勝率と、その勝率で勝つためのRR比率を記載しておきますね。
      まずはRR比率 1.00~1.50を目指しましょう。

      詳細は、私の講義を聞くか、著書「真・トレーダーズバイブル」
      をご覧ください。

      勝率  RR比率
      10%   9.00
      20%   4.00
      30%   2.33
      40%   1.50
      50%   1.00
      60%   0.67
      70%   0.43
      80%   0.25
      90%   0.11

      返信
  2. 山田憲治

    最近の日経平均の上昇、あまりに選挙とタイミングよく、年金資金で自民党政府がつり上げているみたいに思えます。選挙後が心配です。

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      山田さん

      コメントありがとうございます。
      日経平均に限らず、NYダウも動きが出ていますから、
      引き続き注意が必要ですね。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.