チャート分析の落とし穴

From:矢口新
自宅のデスクから

 
相場を分析する方法の多くは、

チャート分析、手法、売買サインなどの

テクニカルな分析が多く取り上げられています。

 
そして、その手法の通りに売買を繰り返せば、

利益が上がるという内容の話が、

多く出回っているのも事実です。

 
しかし、

本当に手法だけを勉強して勝てるのでしょうか。

 
仮にそうだとして、

なぜ、投資家の9割は負けトレーダーと

言われているのでしょうか。

 
その疑問に気づくことができれば、

手法だけでは勝てない。ということが

おわかりになるのではないでしょうか。

 
相場は日々、変化を繰り返します。

そのため、単純に手法通りに売買を繰り返すのではなく、

 
その変化にいかに対応できるかで、

収益を上げられるかどうかが分かれるのです。

 
では、変化を繰り返す相場に、

どう対応するのか。

 
その一つにチャート分析が挙げられます。

 
しかし、

チャート分析だけでは勝てないということは、

先程お伝えしました。

 
では、なぜチャート分析だけでは勝てないのか。

 
それは、チャート分析には、

“ある落とし穴”があるからです。

 
その落とし穴というのは、

簡単に言ってしまうと「ダマシ」です。

 
すでに、トレードをされている方なら、

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 
そして、

この「ダマシ」に苦戦されている方も

きっと多いことでしょう。

 
ではなぜ、「ダマシ」は発生するのでしょうか。

 
その答えを紐解くカギは、「チャート分析」です。

 
「チャート分析」と「ダマシ」は、

コインで言うと「表」と「裏」のようなもの。

 
つまり、チャート分析があるからダマシが存在し、

 
これが、チャート分析だけでは、

利益を上げることができない理由の一つなのです。

 
チャート分析だけでは、ダマシを回避するのは難しい。

 
ということがお分かりいただけたと思いますが、

では、どのように相場で利益を上げれば良いのか。

 
それは、

価格が下がった安いところで「買い」

価格が上がった高いところで「売る」

 
もしくは、

価格が上がった高いところで「売り」

価格が下がった安いところで「買う」

 
これだけです。

 
 
と言っても、

「それができないから困ってるんだよ!」

と、思われますよね。

 
しかしそれは、

最安値で買おうとしたり

最高値で売ろうとしたりするから、

 
 
難しく考えてしまっているのです。

 
 
私が何が言いたいかと言うと、

 
 
価格を予想して売買するのではなく、

価格の反転を確認してから売買する。

 
 
ということなのです。

 
 
価格を予想するのは、絶対に不可能です。

どんなに利益を上げているプロトレーダーでも、

価格を予想することはできないでしょう。

 
 
勝てるトレーダーの多くは、予想しているのではなく

事実を確認してから、その流れに乗っているのです。

 
 
これが、私が色んな講義でお話させていただいている、

 
 
安値からの反転、「谷越え」

高値からの反転、「山越え」

 
 
ということなのです。

 
 
この、いわゆる”転換点の見極め”が

利益を上げるためにとても重要なものになります。

 
 
チャート分析だけで、”相場の転換点の見極め”を

身につけるのは難しいでしょう。

 
 
では、身につけるのに何が必要なのか。

 
 
それは、

“価格変動の背景を理解する”ということです。

 
 
単純に、

チャートの形がWトップだから。

サポートラインの付近で長いヒゲが出たから。

 
 
ということではなく、

 
なぜ、Wトップになったのか。

なぜ、長いヒゲがでたのか。

 
 
誰がその形を作ったのか。

 
 
ということをしっかりと考え、

理解していかなければなりません。

 
 
これは、一朝一夕で身に付くものではありません。

日頃から考え続け、学び続けることによって

徐々に自分のモノになってくるのでしょう。

 
 
しかし、一度身に付いてしまえば、

絶対に離れることはありません。

 
 
今後、チャートを見る時に、

「なぜこうなったのだろう。」

「誰がこうしたのだろう。」

と、考えてみてください。

 
 
おのずと、

チャートの見方が変わってくることでしょう。

 
 
矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

「ダマシ」を回避するためには、

チャート分析だけでは足りない。

“相場の転換点を見極める”ということが、

必要不可欠になります。

では、その見極めるスキルを身につけるには?

詳しくはこちらをご覧ください。

こちらからご覧ください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



4 thoughts on “チャート分析の落とし穴

  1. Numoto

    今まさに 谷越えの 好機とおもいます。対応、対策のヒントやいかに諸先生のご高説をお聞かせください。

    返信
    1. 矢口新 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      今年の日本株は
      手堅いかもしれませんね。
      この機会にチャンレジなさるのも
      良いかもしれません。

      返信
  2. シン&シーク

    予想よりも事実確認ですか。なるほどねえ。
    会社が好業績を示してもみんなが株を買ってくれないと株は上がりません。
    例えば楽天の株は下がってるのは業績が良くないからですか?

    返信
    1. 矢口新 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      業績も1つの要素かもしれませんが、
      ファンダメンタルズ分析で
      価格の変動を見抜くのは
      プロでもなかなか難しいですね。

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.