小次郎講師のブログ

トルコショックを見て怖くなったあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

ついに9月に入りましたが、
「これから日本株の株価は上昇していく」
と話しているアナリストは少なくありません。

一方、8月にはいわゆる「トルコショック」が起きるなど、
世界を見渡せば、何が起こってもおかしくない状況が続いています。

これまで以上に、様々な情報を見比べて判断をする必要がありそうです。

トルコショックって何だったの?

改めて、いわゆる「トルコショック」とは何かおさらいしましょう。

ことの発端は、トルコ当局がアメリカ人のキリスト教福音派牧師、
アンドリュー・ブランソン氏をテロ関連の罪で拘束したことです。

アメリカはトルコに対し、彼の釈放を求めてきましたが、
いまだにそれはかなえられていません。

そこで、報復措置として、アメリカはトルコの鉄鋼・アルミに対する関税を
2倍に引き上げる経済措置を発動sました。

もちろん、トルコも黙ってはいないので、
アメリカからの輸入品に関税を課す方針を発動しました。

こういった米国とトルコの政治的な対立が、
急激なトルコリラ安につながっていったのです。

関税だけが問題じゃない

アメリカとの貿易摩擦以外にも、トルコには国の経済を
不安定にさせる要因がまだあります。

  • 経常赤字の大きさ
  • 権力集中

です。

まず、経常赤字の大きさですが、
トルコのGDPに対する経常赤字の比率は、
2017年には5%台半ばへ達しています。

経常収支を海外からの資金調達や直接投資で
穴埋めする状態が慢性化しつつあるのです。

また、権力集中ですが、トルコのエルドアン大統領は、
権力集中のために、人事も刷新しています。

一例として、これまで評価の高かった
メフメト・シムシェキ副首相を解任し、

後任に娘婿のベルト・アルバイラク氏を起用しました。

自分の考え通りに動いてくれるであろう
人間をそばに置きたい、という意向の表れ、
といってもいいかもしれません。

やっぱり「予想はよそう」

ここまで、簡単にトルコショックについて整理しました。
正直なところ、この先に何が起こるかは、
まったくわからないのが事実です。

だからこそ、私が普段から言っているように、
当たるかもどうかも不確かな予想をするより、
「状況の変化に応じた適切な対応」を行っていくことの
ほうが、ずっと現実的ではないでしょうか。

<編集部のおすすめ>

  • 雑誌
  • 新聞
  • インターネット
  • チャート

……いろいろな情報を見比べるのはいいのですが、
忙しいと全部見るのも一苦労です。

優先順位をつけるためには、
「プロはに何に注目しているのか」
知るところから始めましょう。

月1回、プロが自ら
あなたに分かりやすく「今、注目すべきこと」をお届けします。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA