注文の仕方その2

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

日産のゴーン元会長をめぐる一連の騒動には、
非常に驚きました。

相場が急落するのも無理はありませんが、
そういうときだからこそ、
落ち着いて行動していただきたいです。

さて、先週のブログを皆さんはお読みになりましたか?

「注文の仕方その1」と題し、
成行注文と指値注文の違いについて、
解説しました。

そして、その中で
「逆指値注文は、うまく使えば絶大な効果を発揮する」
と触れましたが……お待たせしました!

そもそも逆指値注文って?

復習から始めますが、
逆指値注文は、通常の指値注文の逆の考え方です。

つまり、

  • 逆指値の買い注文:〇円以上なら買うと注文
  • 逆指値の売り注文:〇円以下になったら売ると注文

です。

これらは、トリガー注文といって、
「ある価格がついたら注文を出す」という条件付き注文の一種です。

さらに細かくすると

  1. トリガーとする価格をまず 決める
  2. 次に成行注文か指値注文かを決める
  3. 指値注文の場合は、指値価格を決定する

というプロセスを踏みます。

逆指値注文を使う理由

では、なぜこのような逆指値注文を使うのでしょうか?
2つの理由を考えてみましょう。

  1. ロスカット注文がしたい
    例えば、買値が4000円、3900円以下になったら決済したい場合、
    逆指値で3900円の売り注文を出します。
  2. トレンドフォロー戦略
    例えば、A株(現在950円)が抵抗線である1000円を突破したら買いたい場合、
    逆指値で1000円の買い注文を出します。

注文の仕方には、
まだまだお話したいことがあるので、
次回をお楽しみに!

<編集部のおすすめ>

投資に掛ける時間がないあなたへ

毎月ここにいるだけ、で
あなたは小次郎講師の最もタイムリーな
相場攻略法を手に入れることができます。

いるだけ、で優位性がある最高の環境にご招待します。

小次郎講師が読み取った相場の変化を
タイムリーに受け取りたい方はコチラから

こちらからどうぞ
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿

  • チャートで変化を感じ取りましょう
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 私は投資をする上で、世界の投資市場が今どのような状況な
  • 【ビデオ】月に1度のエンタメ番組(ノーカット版)
    From:小次郎講師 オフィスのデスクより、、、 おはようございます。 小次郎講師です。 このブログをお読みのほとんどの方は ご存知か
  • 僕のライフワーク
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 新時代「令和」が始まってから 早1ヶ月が経ちまし


注文の仕方その2」への2件のフィードバック

  1. 村山です

    逆指値注文の説明で

    トレンドフォロー戦略
    例えば、A株(現在950円)が抵抗線である1000円を突破したら買いたい場合、
    逆指値で1000円の買い注文を出します。

    とありました。
    これは指値注文と同じように思うのですが何が違うのでしょう?

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      こんばんは。
      小次郎講師です。

      よく似た言葉なので、
      わかりにくいかもしれませんね。

      簡潔に違いをまとめておきます。
      買い注文を例に考えてみましょう。

      指値で買い注文をした場合は、
      「指定した株価以下になると、注文が発動」します。
      つまり、安く買いたい場合に使うとお考え下さい。

      一方逆指値で買い注文をした場合は、
      「指定した株価以上になると、注文が発動」します。
      つまり、下落から反転するなど、株価の上昇局面で買いたい場合に使います。

      1)いつ注文が発動するのか、2)何のために使うのか
      の2点で違いがあるとお考えください。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.