バーゲンの半額セール、あなたは買う?買わない?

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスのスタジオより

 
実は最近、
閉店間際のスーパーマーケットに立ち寄ることが
マイブームです。

このマーケットは、とある乗り換え駅の駅ビル
(というほど凄くはありませんが・・・)
に入っているのですが、

大体23:00前後にこの駅に着くため、
品物は欠品しているものも多いのですが、
一方で、一部の生鮮品などは大幅に値引かれ、
50%オフなんていうのもチラホラあります。

翌日には絶対に持ち越せない品なのでしょうけど、
帰って直ぐにお酒のツマミとして消費するので、
コスパが高いもの
例えば未だ生きている車えびとか、
大粒のあさり貝などを物色するのは楽しいですね!

 
そんな中で先日、
珍しく20:00頃にこの駅に到着した日のことですが、
同じようにこのマーケットに入ったところ、
より多くの品々が20~30%オフで販売されており、

「いつも私が立ち寄る時間は既に売り切れているのか!」
ということを知りました。

元の価格にもよりますが、
皆さんなら何%引きのセールに、
一番の魅力をお感じになりますか??

 
—————————————–

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。
厳しい寒さが続きますが、
風邪など召しませんようお気をつけください。

 
さて、
年末年始のセール期間も終わって、
次は、学生さんたちの期末試験や入学試験
の季節がやってきます。

この季節は小売業にとって試練の時期
となるケースが多く、

現に今週は、いたるところの居酒屋さんなどが、
ガラガラ状態なのを見かけます。

理由としては、
お正月にお金を使い過ぎて自重している説や
ご子息たちの入試を控えて、
お酒を飲んで帰宅するのは気が引ける説、
成人式を控えて諸々の出費が足を引っ張る説

などが考えられそうですが・・・
今年に限ってはもしかすると、
年始相場での痛手・・・という特殊要因説も
あり得るかも知れません。

 
皆さんはご無事でしたでしょうか?

——————————————-

割引価格に対する心理を推理する

例えば、20~30%オフという割引に対する
私のイメージは、
特に意識してわざわざ、
セールを目指してゆく程の割引価格ではないですが、
種類やサイズなどはまだ豊富に有り、
たまたまこの程度の割引に出会った際は、
妙なお得感がありそうです。

それが40~50%オフとなると、
確かに超お買い得なイメージになりますが、
種類やサイズの豊富さは無く、掘り出し物があれば・・・
という感じになり、私的には「宝探し」として、
それなりに足を運んでみる価値を覚えます。

しかし、60%以上の割引になると、どうでしょう??
買っても良いような品物はきっと殆ど無く、
行くだけ無駄足という感覚が強くならないでしょうか?

モノにもよりますが、極端に言ってしまうと
「なぜお宅のゴミを、
ワザワザお金を払って引き取らなければいけないの?」

といった感じです。

 

実は相場でも50%引きの理論は通じる

まあ、私の50%理論など、あって無いようなものですが、
実は幾つかの相場分析に通じる点があり、

有名どころでは、
「フィボナッチ」の50%リトレース(押し戻り)であり、
「一目均衡表」の転換線や基準線の概念だったりします。

 
つまり、
上昇に対する「押し」や下落に対する「戻し」という変動は、
それまでの上昇や下落に対する逆行を意味しますが、

例えば高値から見て、「安い」というお得感を持って
逆行する値下がり相場を捉えられるのは、
最大で50%押しまで、ということになり、
この境界を更に割り込んで安くなった値段は、

上昇目線を持っている多くの参加者にとっては、
まさに警戒するに値する価格帯である・・・
ということになりそうです。

 

2019年1月3日以降の相場について

先週のブログでも触れましたが、
ことし1月3日の暴落は酷い話でした。

その後、株式相場などが大きめに立ち直り、
チラホラと、底値固め説も聞かれ始めました。

暴落した足に巻き込まれた場合、
その下値を予め想定するのはなかなか難しい展開
だったように見えますが、

次の陽線の返しが、3日早朝の高値から見ても
50%以上戻しており、次の押し目が確認された
黄色の範囲に入った時点で
直ぐ直ぐの下値試しは無さそうだという判断は、
充分可能だったと思います。

その次の下ヒゲもサポートされてますしね。

そして、黄色で囲ったその後のジリ高局面を経て今現在、
かろうじて、その50%押しで踏みとどまっています。

一度、相場はクラッシュしてしまったので
黄色の範囲における取引は基本的に、
売りそびれたロングと、下を突っ込みすぎたショートの
処分市相場となっていますが、

黄色の範囲の半値水準で相場がサポートされれば、
今一度戻りを試すムードが復活する可能性は
高まりそうです。

 
とはいえ、いずれにしても急反発は期待薄では有りますが、
意外な事実として、

12月13日の高値113.71円前後を下落の起点とした場合、
最安値との半値水準は109.26円前後になっており、

この水準は3日の下ヒゲのおかげで、
急落前の3日早朝高値より低い水準・・・に位置しています。

つまり、これら幾つか重なる109.20~50円前後の水準は今後、
越えれば再び上昇が有利
越えられなければ、揉み合いながら下値を探す展開
が予想されるといった、
かなり重要な価格帯になってくると予想しています。

 
 
浅野敏郎

 
<<< 編集部よりおススメ >>>

一般投資家にとって、
数百億円、数千億円のファンドが何に投資するか…
気になって当たり前です。

それだけの資金が、
短期間に注ぎ込まれれば、

否応なく、その方向へ、
程度は計りしえないとしても、
目先の変動が支配されてもおかしくはありません。

一方、
機関投資家の運命として、
基本的には利食いや決済手仕舞いなどがあり得ないのは、

半永久的に
運用が継続されなければならない事情がある…
からですが、

それでも、一部のヘッジファンドなどは、
破綻するケースがあるなど、
短期間で高い収益率を義務付けられている組織には、
その組織なりの様々な「事情」というものが存在します。

相場は「こうした事情で変動する」という
ある意味で画期的な理論がTPA
つまり、
タペストリー プライス アクション理論なのです。

初心者の方々には少し難しいかもしれませんが、
ある程度の経験者が行き詰まった時などに、
知っておいて悪くない、目からウロコの知識であり、

特に昨今の短期売買が主流となった相場では、
非常に有効な考え方です。

詳しくはこちらのページ

でご確認いただき、
ご納得いただければ、是非その先へお進みください。

 
◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

最近の投稿



バーゲンの半額セール、あなたは買う?買わない?」への2件のフィードバック

  1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

    このスーパー、東急ストアという普通のスーパーなんですが、
    時々、妙な掘り出し物があって・・・
    車海老とかは稀にある程度で、(それともいつも売り切れてる?)
    残ってても、ピクリともしない時は手を出しませんね。

    大粒アサリといっても、小粒じゃない、という程度で、
    いつもは、「お味噌汁以外に、食べ方が想像できない・・・」程、小粒です(笑)

    休暇・・・特に長期に渡る場合は注意が必要ですね。
    2018-19の年末年始の日本は、4日を休めば9連休も可能でしたから、
    余計にストップなどの注文が集まった可能性はあります。

    そのほか、中国系の春節、欧州のイースター、
    日本のGW(今年はヤバイですね)、欧米の夏休み(7月半ば~8月半ば)
    日本のお盆、中国系の国慶節、そしてクリスマス休暇

    などの特に休暇前はやはり要注意で、
    長期投資や、塩漬けを持っている人には厳しいですが、
    少なくとも、自国が該当する場合は、手仕舞いまたは、
    持ち高を少なくして万が一に対応しておく対処は、必要かも知れません。

    もちろん、相場付きにもよりますが、
    今年はオーダーが特別に偏っていたのだと想像できます。

    ところで、原稿にも書きましたが、
    相場が重要な水準だと想定した109円中盤をためしに入りましたね。
    週末でも有り、ここは緊張する場面です。

    では、またのコメントをお待ちしています。

    浅野敏郎

    返信
  2. 乾坤一擲

    23:00に駅?∑(゚Д゚)働きすぎですよ。生きている車海老や大ぶりのアサリ、ゴージャスなスーパーですね。
    うちの辺りは半額弁当くらいかな。
    魅力を感じる値引きは半額位かな…それ以上だと食べ物は怖い気がする。

    3日の下げは他人事ながら怖かったです。レバレッジをマックスまでかけていた人々の悲鳴がツイッターを飛び交っておりました。ああ言う時はロスカットが間に合わないのでしょうね。日頃の教えが身に染みたできごとでした。
    年越しには手仕舞っておいた方が無難なんでしょうね。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.