【復習】ローソク足1本1本に意味がある

From:小次郎講師
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
小次郎講師です。

株価チャートといえば、
今は「ローソク足」が日本をはじめ世界でも
一般的に使われていますね。

では、このローソク足を発明したのが
日本人だということを、
どれくらいの投資家が知っているでしょうか?

ローソク足が誕生したのは、江戸時代のことであり、
発明したのは当時の相場師、本間 宗久が発案したとされています。

ローソク足の特徴は、
単位期間中に初めに付いた値段を始値(はじめね)、
最後に付いた値段を終値(おわりね)、
最も高い値段を高値(たかね)、
最も安い値段を安値(やすね)の四種の値段(四本値)を

ローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図して
時系列に沿って並べることで
株価の変動が見やすいのがメリットです。

そして、
ローソク足最大の特徴は、
ローソクの形状から相場状況が
視覚的に理解できることです。

ということで、
今日はローソク足の代表的な形状と、
それぞれの意味についてご紹介したいと思います。

ローソク足の種類と性質

今回は、代表的な15種類の
ローソク足の形状とそれぞれの意味をご紹介します。

ぜひ、下記の表にまとめたローソク足の形状と
呼び名、意味はマスターしてください。

 
shisei_man_good

 
株をやる人もFXをやる人も
ローソク足の種類と意味を知ることは
共通した重要知識です。

この機会に、ぜひ覚えてくださいね!
それでは、またお会いしましょう。

―小次郎講師

<編集部のおすすめ>

大暴落を利益チャンスに変えることができる
財を成す一生モノの【空売りの技術】を
専門的に学べるプログラムです。
詳細はコチラをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿

  • リスク管理を始めるなら……
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 10連休後の取引が再開されて しばらくたちますが
  • 米中貿易戦争第2ラウンド
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 平成から令和に変わり、 10連休も明けて、
  • 正しく答えられますか?
    From  小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 先月は投資の学校さんとセミナーで ご一緒させて


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.