矢口新のブログ

キューバ観光、いつまで楽しめる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

職業柄、
毎朝国内外のニュースはくまなくチェックしています。

その中の一つが、マドゥロ独裁政権を
はじめとするベネズエラ情勢です。

しかも、アメリカが次に矛先を向けるのは、
キューバだといわれています。

投資をやっている皆様なら、
アメリカの動向次第で、
相場が大きく動くことは、おわかりでしょう。

もしかしたら、キューバが簡単に観光で行けなくなる国に
逆戻りしてしまうかもしれません。

そのあたりについては、
私も講義でお話いたしますが、
せっかくですので、
私自身がキューバに行った時の話を、
こちらでさせてください。

そもそもキューバってどんな国?

キューバといえば、

  • 野球が強い
  • 葉巻やお酒(ラム)が有名
  • 音楽が盛ん

というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

せっかくなので、ごく簡単にですが、
国の成り立ちを説明しておきましょう。

まず、地理的な側面としては、カリブ海にある一番大きな島国で、

  • 西にはメキシコのユカタン半島
  • 北にはアメリカのフロリダ半島
  • 東にはハイチ、ドミニカ共和国
  • 南にはケイマン諸島、ジャマイカ

があります。

キューバはスペインの植民地として、
中南米支配の拠点として栄えてきました。

独立戦争、旧共和政時代を経て、
1952年にフルヘンシオ・バティスタが政権を掌握しました。

しかし、米国に従属する政策を強力に推し進めたため、
次第に反政府活動が活発化し、1959年にいわゆるキューバ革命が起こったのです。

このキューバ革命を推し進めたのが、
フィデル・カストロでした。

なお、革命以前はGDPの約25%を砂糖の生産・輸出で賄っていましたが、
現在はそれに加え、葉巻、ラム酒、コーヒー、中南米諸国への医師派遣で外貨を稼いでいます。
(キューバリブレというカクテルも有名ですね。)

実際に行ってみると……

ちなみに私は2018年、クリスマス前のオフシーズンを狙い、
首都・ハバナに視察にいってきました。

オバマ前大統領が、現職の大統領としては88年ぶりとなる
キューバ訪問を2016年に行っていたことや、
キューバの教育レベルが高いと聞いていたことで、
興味がわいたからです。

私は羽田からカナダのトロントに飛び、
トロントからハバナに入りました。

ハバナに到着したのは深夜でしたが、
宿泊先に向かうタクシーの中で、
女性の独り歩きも多く見かけました。

治安がいいのは間違いないでしょう。

エアーB&Bにも泊まってみました

宿泊先ですが、今はやりのエアーB&Bに泊まってみました。
1泊45ドルで朝食付きの、地下がジャズクラブになっている建物です。

ビルは古いうえに、エレベーターが手動(!)で開閉するタイプなので、
神経質な人には厳しいかもしれません。

でも、朝食をとれるテラスから見るカリブ海は、
とても美しかったです。

私のキューバ視察に関する話はまだまだありますので、
来週紹介しますね。

<編集部からのおすすめ>
個人投資家なら短期トレードをー
矢口先生の考えを実践するには、
より深く学んでみましょう。

矢口先生流の「価格のとらえ方」教えます。

早速ご確認ください。

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA