資金管理への一提案

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From実家の勉強部屋より

 
本日は実家の父親の面倒を見るために
平日にお休みをいただき、
このブログを実家で書いています。

ただ、ネット環境が壊滅しており、
時間通りにお送りできない可能性が高い
ことが今判明しました。
おそらく定時にアップすることは
かなり難しくなりました。

とりあえず原稿を書くだけ書き、
これから一旦自宅へ戻り
どうにか公開してみようかと思います。

ところで今日のテーマですが、
トレードを行う際に
一番といって良いくらい重要なポイントとして
資金管理が良く取沙汰されます。

 
実は資金管理というのは非常に広範囲で
ポジション量を決める側面や、
損失額をどのように管理するかという側面など
一概に言うのは難しいのですが、

最終的には損失を管理するのが資金管理
とするなら、
どうするのが一番合理的かを提案してみたい
と思います。

——————————–

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

冒頭にも述べたように、
現在の自分は大変な状況に陥っているわけですが、
それだけ実家のことを放置していたことは事実で、
反省するばかりです。

これを教訓に、定期的に様子を見に行くなど
少しずつ改善していきたいと思います。

———————————

さて、
資金5万円のFX投資家も
資金10億円の株投資家も、
個人投資家であれば、
リスクコントロールは重要な問題です。

一般的なコントロール手法として
資金額からの割合・・・たとえば2%を
損切の目安などとする方法がありますが、
取引額の定義が明確でない場合、
取り組み方が随分違ってきます。

 
つまり100万円が投資資金だとして
2%は2万円です。

ドル円の買い取引を想定した場合、取引額が

・10万ドルなら20銭下げれば損失額に到達し
・1万ドルなら2円下げてやっと損失額に到達する

ことになり、
これを同じ損失管理というのは無理があります。

確かに到達した場合の損失額は同じという点では
そうなのかもしれませんが、

もし相場が50銭下げた後に2円上昇したとすれば、
実際に損失を計上したのは10万ドルの方だけで、
1万ドルだと利益にまで結びつけられたことになり、
資金との割合だけで管理する方法には
こうした「ばらつき」がどうしても出てしまいます。

 
そこで、
もし我々がトレードを主体に相場と向き合う場合、
(トレードとは、決済を前提に、比較的短い期間の
損益にこだわる手法とします)

多くの方は、チャートを分析して
エントリーやイグジットのタイミングを
測っているはずですが、

損失を管理する場合も、
資金額という各投資家の都合から導くのではなく、
チャートが示す値動きで管理したほうが合理的だと思います。

 
例えば、もしドル円相場で
105円にサポートがあると分析したのなら
その少し手前の105.20円で買い、
サポート割り込んで104.75円を付けるようなら損切り
というモデルを前提にして、

1万ドルの取引なら4,500円、
10万ドルの取引なら45,000円の損失を覚悟するか、

10万ドルの取引でも、もっと損失を抑えたいなら
105.10円でエントリーする、或いは
損切を104.80円に上げる、とか、

取引額を5万ドルにした場合はどのくらい損切額を減らせるか?
という形で様々な調整ができます。

 
もちろん、2万円なら2万円という資金の都合からでも、
チャートを主体に考えれば、
自ずと取引額が決まったり、
エントリーから損切までの値幅が決まってきますから、

買いが強いと思えば、
早めにエントリーして損切ポイントを引き上げたり、
売りが強いと思えば、
サポートギリギリでエントリーして
その分、損切ポイントを引き下げるなど
相場に応じた柔軟な対応ができますし、

そもそも2万円という損切額が大き過ぎるのであれば
1万円ならどんな組み合わせがあるか?
といった対応も可能なのは大きなメリットです。

つまり、相場の状況に応じて極めて柔軟な管理が可能
だという訳ですね。

 
最後になりますが、
同じチャート分析でも、
オシレーターやトレンド系の交差を利用する場合、
それ自体に価格情報がなかったり、
交差した時の価格を予め断定しにくい場合が多く、
つまりは損切価格も予め導けないため、

出たとこ勝負でエントリー価格が決まり、
そこから2万円分の損切価格が決まることになります。

そうなると、
サポートの手前で手仕舞いとなって、
その後はサポート通り相場が上昇したり、

レジスタンス間際で買いとなり、
中途半端な水準が損切価格になってしまうなど、
ここまで述べてきたような柔軟で合理的な損失管理は、
基本的に難しくなります。

予め相場を開始価格と決済価格で捉えられる
本来のチャート分析は、
イグジットでも同じように対応できるため、
ある意味では「収益管理」にもつながる考え方
とも言える点は、
非常に応用価値も高いのではないでしょうか。

 
 
浅野敏郎

—<<<編集部よりおススメ>>>—

トレーダーと職人、
どちらも愚直に同じことを繰り返し
繰り返しているうちに技が身に付き、
それを繰り返すことで技が磨かれる。

まさにそれを体得して
過酷な相場の世界で生き抜いてきたのが
レジェンド矢口 新先生です。

その矢口先生が長年かけて到達した技を
余すことなく無料公開している講座が
こちらです。
↓↓↓
詳細を確認するには、こちらをクリック

銘柄の選び方や売買タイミングは
一貫した明確なルールに沿って
それを繰り返すだけ。
これこそが着実に利益を積み上げる
矢口流・株式運用の技なのです。

数十年かけて到達した技のエッセンスを
僅か数回の動画に恐縮した、
究極の時短講座となっています!!

是非一度、受講してみてください!
↓↓↓
詳細を確認するには、こちらをクリック

◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらから

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

最近の投稿



2 thoughts on “資金管理への一提案

  1. 渡辺操

    お世話になります。毎回の浅野先生の角度を変えた裁量を加えた解説は、なるほどそう言ったことなのかと納得するお話で楽しみです。

    返信
    1. 浅野敏郎 投稿作成者

      渡辺操 様、

      コメントをお寄せ頂き、ありがとうございます。
      楽しみにしていただけているのでしたら本望です!

      今回のお話は、そもそも論とでも言いましょうか、
      チャート分析は幾らを上回る(下回る)と、
      先ずはどこまで上がるか(下がるか)を価格で測る作業
      だと考えています。

      これを予想という論調も確かにありまして、
      実際に行くかどうかは相場のみぞ知る
      と言うのも確かなのですが、
      それを言ってしまうと、相場全てがそうなってしまい、
      行動を起こすことすら難しくなってしまいます。

      オシレーター分析などのように、
      価格で示せない方法はあくまで補助として使われていたはずで、
      これを中心におくと余計に複雑になってしまうと
      思っています。

      目標価格や損切価格はあくまで初動時の目論見であって、
      その後の相場に合わせて対応するのが当然と考えるべきで、
      損切注文をトレールしたり、
      上昇率(速度)が想定より遅いようなら、
      利益確定水準も動かして、相場を迎えに行く操作も重要です。

      それができるのが相場でして、
      ギャンブルは始まってしまうと変更ができないのとは
      わけが違います。
      最初に三連単を買ってしまうと、終わるまで変更できませんが、
      相場は途中でどうにでもなるのです。
      (開始価格だけは無理ですが・・・)
      変更しなければ逆に、
      ストップの方ばかりが付いてしまうことにも成りかねませんね。

      私なども、想定できる損切水準が深すぎる場合は、
      最初から取り合わないことなどしょっちゅうですし、
      高値更新しても、1~2日間たっても伸びない場合は
      10円のプロフィットで止めることもあります(笑)!

      また、コメントをお待ちしております。
      今後ともよろしくお願い致します。

      浅野敏郎

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.