トレンドの初期段階

From:平野朋之
自宅デスクより、、、
 
おはようございます。
平野朋之です。

11日の
東京外国為替市場の
ドルの対円相場は、
終盤も1ドル=108円台後半でしたね。

まさに、
もみ合い相場の状況でした。

その日の
午後5時頃では、
前日比10銭のドル高・円安でした。

またドル円は、
前日の海外市場で、
世界経済のニュースによって、
左右されていたと考えられます。

まさに米国の
対中国制裁関税第4弾が、
影響していた可能性がありますね。

それによって
108円70銭台へと
上昇していました。

また、東京時間の早朝も
108円80銭台に
上がる場面も、見受けられました。

しかし午前9時以降は
売りの傾向が多く
108円60銭台まで下がっていました。

同じような流れで
やはりもみ合いが続いていた状況です。

世界経済の影響により
FOMCや英国総選挙、
米国による対中制裁関税の発動期限を目前として
様々な動きがあったと考えられます。

 
本日は、
そのようなもみ合いの状況下の前に
トレンドの初期段階の
押し目売り、戻り売りに絞る大切さ
についてお伝えします。

以前もこのブログで、
トレンドを確認する重要さについて、お伝えしましたが

相場は、動きますから
トレンドには、必ず終わりがやってきます。

では、その後はどうなるのか。

11日の様な、もみ合い相場になったり
方向転換することも。

また再び、同じ方向にトレンドが発生する
ことさえ起きる可能性があります。

5つのタイミング、時期から、
見てみましょう。

まず1つ目は、
上昇トレンドに沿って、買い目線でチャートを見る時期です。

これは、トレンドを確認して
買いのエントリーをする時期ですね。

それに伴い、2つ目は
下降トレンドに沿い、売り目線でチャートを見る時期です。

これらは、大きなトレンドを確認することで
改めて買い、売りの目線で見ることができます。

やはり大切なのは、トレンドを確認することですね。

次に、3つ目が
もみ合い相場で、手を出さない時期です。

このタイミングでは、なるべく
手を出さず、トレンドを確認して
待ちましょう。

以前お伝えした様に
トレードをする上で
リスク管理も、非常に大切なポイントです。

次は、4つ目の
高値形成中で高値追いをしない時期です。

これは、上昇トレンド時ですね。
上昇トレンドに対して、
最終段階では、追いかけて高値を追わない
ということです。

5つ目も同じ様に、
安値形成中で安値追いをしない時期です。
下降トレンドの最終段階で、
追いかけて、安値を追わないことですね。

最終段階で追うのではなく、
あくまで
トレンド発生時の
初期段階で、ポジションを持つ
工夫が必要です。

本日はトレンドの初期段階について
お伝えしました。

是非、今後のトレードに活かして下さい。

それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月を掛けて導き出した、
スマホ1つ、エントリーから決済まで10分で完結する
忙しい日本人投資家のためのFX投資の秘密を無料公開中。

詳細はこちらをクリック

最近の投稿

  • メンタルチェック
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 トレードをする上で大切な メンタル面につい
  • 心得て頂きたいこと
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 今後みなさんが歩む トレード人生において、
  • ポイントを抑えて分析すること
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 避けるべきポイントを抑え、 負け組トレーダーの


2 thoughts on “トレンドの初期段階

    1. 平野朋之 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      平野朋之です。
      トレンドの初期段階に
      注目して、見極めて下さい。

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.