ローソク足1本は全て…揉み合いです!(A)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿スタジオの編集デスクより

 
前号では
「相場の原点は揉み合いにアリ!」
ということをお伝えし、
揉み合いについて、
極力、様々な角度からお伝えする旨を
申し上げました。

トレンド相場は儲け話
揉み合い相場は損失話

というのは正しい教えです。ただ、
これからお伝えすることは何も、
「揉み合い相場で取引しよう!」
というのではなく、
以前にもこのブログで述べたように、

相場は
揉み合い相場⇔トレンド相場
の繰り返しだとすれば、
その接点となる揉み合い相場の終点は必ず
トレンド相場の始点ということになり、

多くのテクニカル指標がまだ下落を指す間に
誰よりもいち早く
来たるトレンド相場の起点に立てる可能性を
見出そうという試み…という訳です!!

——————————————-

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

今日から中華系の方々は、
長期休暇に入りますね。
いわゆる春節シーズンが始まる訳ですが、
彼らのポジション調整も概ね一巡したせいか、
各相場は次第に収れんしているように感じます。

東京市場は過去長い間、
午前10:00以降の暫くは仲値に絡んだ需給の
ポジション調整を行う時間として
「小動き」であるのが常識でした。

しかし、次第に中国発の資金力が強くなり、
10時から動き始める展開の方がこのところの常識
と化しています。

ということは強い資金力が消える向こう10日間は
嫌になるほどの小動きが想定されるわけですが、

こちらも中国発のコロナウイルス騒動
そしてトランプ大統領の弾劾騒動
に関するヘッドライン相場には注意が必要です。

——————————————–

さて、揉み合い相場の表現は幾つかありそうですが、
今回は代表して、
「高値も安値も拡げない相場」
を定義としてみましょう。

例えば我々がチャートでよく使うローソク足1本には、
「4本値」という価格情報が盛り込まれているのは、
皆様もよくご存じだと思います。

ここで察しの良い方なら「閃いた!」という方も
きっといらっしゃると思いますが、
そう、4本値には「高値」と「安値」がありますね。

 
つまり、
ヒゲという名称で記される細い縦棒1本は、
同じ足があらわす期間…例えば、
1時間足なら60分
日足なら24時間、
週足なら5日間
の高値/安値そのものな訳です。

ですから、先の定義をそのまま当てはめると、
同時線を含めて、
ローソク足の胴体となる実体線は必ず、
高値と安値の間に収まりますから

結局はどれも「揉み合い」しか意味していない!
事になります。

例えば、下記の陽線も

下記の同時線も

下記の陰線も

本間宗久さんには、大変申し訳ないですが、
「全て揉み合い相場」を表しているに過ぎません!!

 
確かに、終値を迎えた足はその時点で足形が確定し
あとから見れば、
ヒゲの間で揉み合ったことが判りますが、

新足が表れた直後の足はどんな場合でも
ヒゲがない同時線ですから、

そこから実体線がどちらかに伸びる段階は逆に、
全てが(一時的な)トレンドとも言えます。

ですから、
単純に1本のローソク足だけを見て、
一般的な概念で強弱を判断せず、
その期間の値動きがどうなっていたか?
つまり、

その期間の波動でしか強弱は判断できない
わけですから、そのために、
下位足や上位足を確認する重要性が
あるのだと思うのです。

 
今回の最後に、
酒田五法の名誉のために申し上げると、

酒田五法で挙げられるパターンの多くは、
複数のローソク足で構成されています。

その理由を想定してみると、
前段の最後に述べたように結局は、
その期間の波動でしか強弱は分からないので、
その動きを表現するには複数の足が必要だった…
のではないか?と思い、

言い換えると、
チャートの足は連続して初めて意味を成す
のであって、
つまりは現行足がどんな波動の
どんな位置にあるのか?
が最も重要なことなのでしょう。

 
ということで、
今回の記事内容から汲み取ってほしいポイントは、

「ローソク足1本だけでは強弱が分からないので、
下位足と上位足を使って
直近の値動き(波動)と位置を確認しよう!」
ということでした。

そういえば
ローソク足1本だけで強弱は分からない…
つまりは揉み合いですから、
1本のローソク足は相場の原点
ということにもつながってくる訳ですね。

次回もお楽しみに!

 
 
浅野敏郎

—<<<編集部よりおススメ>>>—

「トレード革命2020」3週目突入!!
4本目のオンライン講座が昨晩ついに公開!

テクニカル分析の達人で
かの平均足改良版で著名な平野 朋之先生と、
「投資の学校」とがタッグを組んで開始した
「トレード革命2020」がいよいよ最終章に突入です。

ということは、

その全貌をお伝えする全4本のオンライン講座と
4大都市開催の
対面講座への特別参加権がセットになった
贅沢な「トレード革命2020」に、
無料でご招待できる期限も、終了間近!!!

ということです。

詳細をご覧いただくため…というよりも、
相当先に行ってしまった先行隊へ
確実に追いつくには、
今週末が最後のチャンスになるでしょう。

そのためには参加に必要な登録を
こちらのページ⇒ご登録ページ
で今すぐ済ませて週末に備えるしかありません!

しかも…
4大都市で開催される対面講座は、
増員するなどで対応していますがそれでも、
満員にて募集を締め切る会場が続出しています。

完全制覇を目指すのであれば本当にお急ぎください!!

先発隊から遅れをとってしまったあなた!
無料のご招待期間が終わってしまう前に!
そして
特別対面講座にご参加いただくためにも!

今すぐ、下記のページでご登録を済ませて、
完全制覇を目指してください!!
↓↓↓
ご登録はリンク先のページで!

◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらからお願いします

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
とか
「続きのお知らせはご登録者限定のレア情報!!」
などというメッセージが届くことが増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

最近の投稿



6 thoughts on “ローソク足1本は全て…揉み合いです!(A)

    1. 浅野敏郎 投稿作成者

      koba様、

      ご指摘、ありがとうございます(恥)!
      無意識って怖いです…。

      今後はもっと注意を払って参ります。
      今後ともよろしくお願い申し上げます。

      浅野 敏郎

      返信
  1. 白鳥仁一

    浅野先生、おはようございます。先生のブログを毎週楽しみにしています。
    ロウソク足の動きと高値安値をしっかり見る。これなくして波を見切ることは
    できませんよね。インジケーターどうのこうのではない。

    投資の学校ではいろいろ学んできましたが、現在は
    浅野先生と矢口先生のブログのみを楽しみに拝見させて
    頂いております。これからもよろしくお願いします。

    返信
    1. 浅野敏郎 投稿作成者

      白鳥仁一 様、

      コメント、ありがとうございます。

      ローソク足は、棒足をビジュアル化したもので、
      イメージはつきやすい半面で、
      決して足通りの解釈だけでは不十分です。

      矢口先生もよくおっしゃっていますが、
      特に短期足は足の期間の時間で、本来つながっているものを
      輪切りにしただけですから、
      たまたまそれが押しや戻しと重なった場合、
      いちいち反転を想定しては身が持ちません。

      インジケーターは昔は参照していましたが、
      テクニカル指標は決して先に来るものではなく、
      あくまで値動き(波動)が先にくるべきで、

      これが判っていれば、それこそ、
      インジケーターの意味や参考の仕方も、
      非常に精度があがるはずだと考えます。

      私もどうしようもなく悩んだときに、
      RSI程度は見てみますが、
      それは主にダイバージェンスを確認する程度です。

      悩んだときは手を出さない

      のがベストな訳ですが、
      常に参加している意義もまた皆無ではなく、
      最小単位ではあるものの、悩ましい日々を送っております。

      もしかして為替はもうトレンド相場は無い
      のかと思うほど、このところは低迷していますね。
      誰もがハッピーになれる相場をただただ希望している毎日です。

      これからも是非、応援いただけますよう
      お願い申し上げます。

      またのコメントをお待ちしております。

      浅野 敏郎

      返信
  2. KABU_TRADER1000

    浅野先生の相場見解は、相場の極意そのもです。
    ”ローソク足のもみ合い”を一目均衡表の例えば、転換線の期間である9日間を一本のろうそくとすれば、
    その9日間のもみ合いの均衡点である中央値の時間的推移は”転換線”そのものであります。
    その時の価格が、雲の上空で転換線の付近にあれば、その後の価格推移はさらにその上空を目指す確率が
    高いわけです。逆にいえば、3役そろい踏みで転換線付近で買えば、利益が出る確率が高くなるというわけです。つまり、この状況ではローソク足は陽線ですから、陽線ロウソク足の中間で買うことと同じと
    言うことになります。

    返信
    1. 浅野敏郎 投稿作成者

      KABU_TRADER1000様、

      コメントありがとうございます。
      私の記憶が正しければ、お久しぶりでございます。

      いや、私の思考の源はもはや、均衡表に近いこと
      見抜かれておりますね。
      9日足や9週足のイメージはまさにその通りです。
      (将来的に本文で簡単に触れたいと思うので、
      ここではご勘弁くださいませ)
      凄いのは、1週間で例えれば、
      切り替わったら1週間ただ待つ週足とは違って
      日々移動しながら、1週間という期間を常に
      見ているところで、まさしくスパンですね。

      一つだけ転換線について、
      確かにご指摘の相場位置だと、その可能性は高い
      と考える場面ではありますが、
      転換線が支配を受けている高値が遠く、
      能動的な上昇が厳しい場合は
      まさに大きな揉み合いの中央
      ということになり、

      高値位置での揉み合いが定着してからいよいよ…
      というのが理想なのかもしれません。

      またのコメントをお待ち致しております。
      今後とも応援を頂けますと嬉しく思います。

      浅野 敏郎

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.