平野朋之のブログ

避けるべき手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
自宅デスクより、、、
 
おはようございます。
平野朋之です。
24日の東京外国為替市場

ドルの対円相場は、
 
1ドル=109円台半ばでしたね。

大きく伸びることもなく、

あまり展開が無かったように思います。

 
午後5時頃は、

109円54銭あたりで、
ドル安・円高でした。
 

あまり動きが無いことの
要因の1つに、
中国発の新型肺炎へが、影響している可能性があります。

 

昼過ぎの、午後には
買い戻しが入りの動きも見受けられました。

 

やはり
市場では、
中国の影響もあり、

ドル円は上には行きづらいのではないか
という声が上がっている様です。

 

大きな話題になっているものの、
WHO(世界保健機関)は、
現状では緊急事態宣言を見送っている様なので

 

今のところ世界経済へ
大きな影響をもたらすことは、
ないという予測もあります。

 

次は、24日の日経平均株価です。

 
印象としては、
前日の終値を挟んだ
もみ合いが続いていましたね。

 
また、
上海株式市場が
休場となったため、週末を控えていることもあり
積極的な買いの動きも、控えられていました。

 

もみ合い相場ですと、
どうしても利益を取りづらいかと思いますが

 

本日は、「避けるべき手法」
についてお伝えします。

 
まず、避けるべき手法とは

どういった手法なのか。

 

いくつかありますが
まず初めに、
クセや傾向に頼った手法です。

 

こういった手法ですと、
臨機応変に対処することができず、
堅実に収益を上げることが難しくなります。

 
さらに、
例えば、FXですと
通貨ペアが限定された手法です。

 

どうしても限定されていると
他の市場でのチャンス、
 

または、上昇トレンドなど
確認することができても、

 
上手く活かすことができず、
利益を取りこぼしてしまう可能性があるからです。
 
次に、
「利益額」、「損失額」
が固定されている手法です。
 
こちらは、

損失額が、低く固定されていれば

損益を抑えることができるかもしれません。

 
しかし、

利益額も固定されていると、

先ほどもお伝えした様に、

チャンスを活かすことができないからです。

 

 

本日は、避けるべき手法について

お伝えしました。

 

 

このブログを通して、
みなさんのトレードを、客観視して
収益獲得のために、改善するきっかけに
なればと思います。

 
それでは、

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

―平野朋之

<編集部のすすめ>

「平均足改良版」
あれは、もう使わないで下さい。
平均足改良版が、さらに進化し
驚きの「建玉操作」7つのルールと共に、
【無料講座】で公開中です。

【期間限定】詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA