小次郎講師のブログ

曲がり屋に向かえ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅の書斎より……

 
おはようございます。
小次郎講師です。

 
タイトルにも書きましたが
今日は私の座右の銘について皆さんにお伝えしたいと思っております。
 
まずは格言のご紹介です。
「曲がり屋に向かえ」

 
曲がり屋の意味は分かるでしょうか?
 
曲がり屋というのは相場の中では、
外れに外れる人の事です。
 
この逆が当たり屋です。

 
買えば下がり、売れば上がるという人がいます。
その人の逆をやればもうかるわけです。

 
ただ、なかなかその人が
どういう投資行動をしているかわからないわけで

 
「曲がり屋に向かう」のは簡単なことではないです。
それにもかかわらず私はこの格言を非常に大事にしています。

 
どういう事かというと私は
「曲がり屋」を一般大衆のマジョリティ(多数派)
としています。

 
一般大衆のマジョリティ(多数派)は
やっぱりなかなか設けるのが難しいです。

 
なので、
一般大衆のマジョリティ(多数派)が買いに傾いたら下がる可能性が高い
一般大衆のマジョリティ(多数派)が売りに傾いたら上がる可能性が高い

 
逆をやった方がもうかるというのがよくあることです。

 
ただし、
一般大衆のあくまでマジョリティ(多数派)なので、
ごく一部の人は儲かる人もいます。

 
一般的に一般大衆が買うと下がる、
売ると上がるといわれています。

 
さて、
ここで私の座右の銘を紹介いたしますと、

 
『ピンチとチャンスは同じ顔をして現れる!
 勝者はそれをチャンスと思い、敗者はそれをピンチと思う』

 
ピンチとチャンスは同じ実は同じ局面なんです。

 
例えば今の状況ですね。
今の状況というのは、

 
投資にとっては表としたら
大きなチャンスかもしれません、

 
ただ、負けている人は
「どうしよう、まいったー」など思っているわけです。
 
ちなみに私のこの座右の銘は中学生の時に私が作りましたw
 
さて、そこで「曲がり屋」や今の状況をチャンスととらえるために
皆様に注目してほしいチャートがあります。

 
それがVIXチャート(恐怖指数)です。
世の中が不安になる、株が下げそうだという時にするすると上がるチャートですが……。
 

 
41.9になっております。

 
このチャートは
20以下が平和
10ぐらいだと一番低いのですが、
 
今は20を超えて、スルスルと上げていき、
気づけば40を超えました。

 
これは過去になかなかない数値ですが、
これ以上の数値の時はありました。
それは「リーマンショック」時です。

この時は80にまで達しておりました。

 
ということで、
「リーマンショック」以来の大きな下げ相場が現在ある、
この恐怖指数が大きく上がっている状態があるというのを伝えておきます。

 
皆さんもぜひ
このVIXチャートや各国の平均株価などを確認して、

今の状況をチャンスと思えるように、
曲がり屋と逆を行けるように

常にチャートに気を向けて
おくことを意識していただければと

 
この様に思います。

―小次郎講師

 
 
<編集部のおすすめ>
「情報収集が大事だとはわかるけど、
何からやればいいのだろう……」
何をすればいいかがわからなくてお悩みでしたら、
投資教育界のレジェンドが、
毎月1回、選りすぐりの情報を届けてくれるー
そんなサービスを使ってみませんか?

こちらからどうぞ

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA