矢口新のブログ

矢口流:相場の分析方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

市場価格の分析には、大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とがある。
どちらが重要かと聞かれることがあるが、どちらも重要だが、使い方を間違えないようにとお答えしている。

まずは両者の違いをしっかりと理解することが必要なので、整理する。
それらの違いが分かると、両分析がどう役立つかも分かるようになる。

ファンダメンタルズ分析は、投資物件そのものの分析。
市場価格との関連性は必ずしも高くはない。データは何をどう見るかが重要で、幅広い知識が要求される。

ファンダメンタルズ分析は、投資物件の将来の値動きを大まかに予測することができる。
とはいえ、それが利益に結び付くには、正しいデータを見る必要がある上に、
多くの前提条件が「予想の範囲に収まること」という大前提がいる。

ファンダメンタルズ分析で最も役立つものは需給だ。
何が市場価格を動かしているか、市場参加者それぞれが抱える事情は何かが分かると、大まかな予測が外れなくなる。

例えば、しばらく私が言い続けてきたように、
日本株の急落は絶好の買い場となることや、ドル円が100円に近付いても長続きはしないというようなことだ。

市場参加者それぞれが抱える事情はまだ変わっていないので、そうした需給を予測することができる。

テクニカル分析は、市場価格の分析。
過去から現時点までのデータを見るので、現状認識でしかない。
データとは価格の動きや出来高そのもの。

一方、テクニカル指標となると、その作者が何をどう見ているかを反映するので、的外れなものも多く要注意。

相場や投資物件を語るのではなく、利益を望むならば、テクニカル分析が大いに役立つ。
もっとも、的外れなテクニカル指標ではかえって逆効果にもなりかねない。
それを避けるには、「きちんと学ぶ」か、何の作為もない生のデータに親しむようにすることが結果的に近道となる。

テクニカル指標の生のデータとは、チャート上にローソク足と出来高だけしか描かれていないものだ。
すべてのテクニカル指標は、価格と出来高を素材として料理したものなので、
テクニカル指標が難しいと感じたならば、素材のままで味わって頂きたい。

少なくとも的は外さない。

矢口新

—<<<編集部よりおススメ>>>—

◆◆◆公式Twitter配信中!◆◆◆
投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらから

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆
LINE@限定の特別なお知らせを、続々配信。

投資の学校では、無料でも質が高い動画講座など
コロナ時代を皆さんと一緒に切り拓くための
投資関連コンテンツを次々とプロデュースしています。

タイムリーな予告情報などは是非、LINE@でチェック!!
見逃す前に必ずこちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメント

  1. K6 より:

    とても勉強になりました。矢口さんの書籍「生き残りのディーリング」を読みなおしています。最初は難しく理解できていませんでしたが、読み返していくと少しずつわかったつもりになっています。まだ、わかったつもりなので、自分なりに府に落ちるところまで読みなおしていこうと考えてます。今後もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA