矢口新のブログ

投機とマーケットメイキング ー その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

投機筋がいなくて成り立たないのは、
為替の実需だけではない。

売れない市場に、
買いを入れる投資家はいないのだ。

投資家が最も恐れるものが流動性の欠如だからだ。

投資した資金がいつでも回収できるという暗黙の了解があるからこそ、
安心して投資することができる。

金利差ゆえの外貨建て投資も、成長株投資も、
投機筋が流動性を与えてくれているからこそできているのだ。

仮に奇数日には実需の買いが上回り、
偶数日には実需の売りが上回る市場があるとしよう。

その市場に実需しかいなければ、
奇数日には買えない人が事実上のストップ高水準で並び、
偶数日には売れない人がストップ安水準で並ぶことになる。

これでは「市場」とは呼べない。

ここで「儲かりそうなので」と、
奇数日には買い手に対して売り、
偶数日には売り手に対して買う者が現れたとする。

彼は奇数日の夜はショートポジションを保有し、
偶数日の夜はロングポジションを保有して、
翌日の実需に充てることによって収益を追求する。

彼は、実際にはそのものを必要としていない。
買い戻し・売り戻しを前提とした売買だ。
狙いは売買差益、キャピタルゲインだ。

彼が投機筋であり仮需なのだ。

彼のような人物を「ディーラー」と呼ぶ。

実需相手に売り買いの値を提示する行為がマーケットメイキングだ。

市場は、
ディーラーのような投機筋の参入があってはじめて機能するようになる。

投機筋が実需筋や投資家の相手を務めているのだ。

彼はストップ高のような高値で売り、
ストップ安水準で買い戻すことで、
暴利をむさぼることができる。

その儲けを見た他の投機筋がたくさん集まってくると、
奇数日の売値が下がり、
偶数日の買値が上がり始めるようになる。

投機筋が多くなればなるほど、
投機筋の利鞘は減ることになるが、
実需筋にとっては、より望ましい価格で売り買いできるようになる。

ここで投機筋が市場に与えたのが「流動性」なのだ。
投機筋が多く集まると、市場はよりよく機能すると言える。

投機筋の市場における役割は非常に大きい。

投機筋あっての市場だとも言えるだろう。

マーケットメーカー以外の投機筋も、
市場に流動性を供給し、
安全で安定した市場をつくりあげるという面で、
同様の働きをしている。

誰かがリスクを取り、踏みこたえることによって、
実需の偏りの緩衝材となり、過度の変動を抑えているのだ。

また、取ったリスクは、
リターンとして報われることになっている。

要は自分が取りやすい、
管理しやすいリスクを適量取ることなのだ。

相場の参加者が全員で、
自分の好む取りやすいリスクを引き受けると、
相場は極めて安定した機能的なものになると言える。(おわり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメントを残す

*

CAPTCHA