水上紀行のブログ

相手がいやだと思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 水上紀行

 

相場の展開を見ていると、
自分のポジションをマーケットに見られているようだと感じる時があります。

 

たとえば、買い気が強くて、これは買いだと決めて、
ポジションを持った途端に、売りが強まったりすることはよくあります。

 

これは、たぶん気のせいではないと思っています。

 

マーケットには、相手がいやだと思うことをすることで、
収益チャンスを狙っているマーケット参加者がたくさんいます。

 

彼らは、マーケットのポジション状況を読んで、買いが引かないような場面でも、
買いで参入する参加者が増え、ロングになってきているかどうかを読み、
ロングが増えていると見れば、そこを売り込んでロングを投げさせて利食うといったことは、
平気でやると考えておいて良いと思います。

 

また、よく東京勢が犠牲になる、
ロンドン勢のショートスクイズ(ショート筋を買い上げて買い戻させて利食うロンドン勢の特技)も同様です。

 

元プロテニスプレーヤーの松岡修造氏が、
あるTV番組で、プロテニスプレーヤーを目指す小学生達に、
世界を相手に勝負するためには、
「ずるく、かしこく、だます」ことができなければ勝てないということを説いていました。

 

そして、先に上げた「相手がいやだと思うことをする」という言葉は、
実はイチロー選手の言葉です。

 

つまり、世界で生き残るには、
きれい事だけでは済まされないということです。

 

個人投資家としてネットで為替取引をすることは、
それは決して大袈裟ではなく、
世界を相手にして取引をしているということを忘れてはならないと思います。

 

米系ファンドも、輸出企業も、中東、ロシア、中国などの政府系とも、
同じ相場という土俵で戦っているのです。

 

相場に勝つには、今マーケットの大勢が何を考えているかを読み、
彼らの動きを先取りしていく必要があります。

 

特に、今「相手がいやだと思うこと」は何かという視点から、
相場を見ることは大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメントを残す

*

CAPTCHA