水上紀行のブログ

長く続くトレンドの見極め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From水上紀行

 

投機の相場では、いかに多くのマーケット参加者が、

「これは売るしかない」、「これは買うしかない」と

思い込むことが相場の動く原動力になります。

 

しかし、マーケットが、そう思い込むには、それ相応の理由が必要です。

 

ある時はタイミングを推し量ったように材料がポンと出てきて、

マーケットがサプライズして動く場合もあれば、

ある時は、マーケットが半ば強引に、ある材料を相場を動かす理由に仕立てたりすることがあります。

 

ただし、そうした理由から動いた相場に共通していることは、

相場を動かしているのが投機筋で、一方向の動きは長続きしないということです。

 

つまり、投機筋は、売ったら買わなければならない、

買ったら売らなければならないという宿命があるため、

長くはポジションをキープできず、レンジ相場になりやすいと言えます。

 

一方、長期間にわたって一方向に動くトレンドになるには、

一方向への資金のフロー(流れ)を作る投資家筋が動かなければなりません。

 

投資家筋の場合、余程のことがない限り、簡単には動き出しません。

 

しかし、特に、この国・地域に資金を置いておくことは危険だと、

いったん判断すると、怒涛の勢いで資金を他の国・地域へ移動させます。

 

これによって、トレンド相場が形成されます。

 

大事なことは、今の相場が、投機筋主導の相場なのか、投資家筋主導の相場なのかを、

見極められるようになることです。

 

そのためには、今、テーマとなっている材料が一時的なものか、

あるいは長続きしそうなものかを判断できるようになることが必要です。

 

ひとつの判断の仕方としては、そのテーマが、

たとえば「日本の政治・経済の現状から言って、円安になるべきだ」といった精神論的なものは

フローはつかないためレンジ相場になりがちです。

 

それが、需給関係がドル余剰(ドルが余っている)とか、投資妙味が極めて高く実際に投資するとか、

あるいは自分のお金がなくなるかもしれないというリスクがあるので逃避するようであれば

フローが実際につきトレンド相場になりやすいと言えます。

 

このように、今のテーマにフローがつくかどうかというところに、

トレンド相場形成のポイントがあると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメントを残す

*

CAPTCHA