稼いでいるトレーダーの共通項 3つ

From:矢口 新
自宅のデスクから、、、

 
こんにちは
矢口です。

 
つい先日、
受講生の方との懇親会がありまして、
懇親会にはOBの方もきてくれました。

 
その方は個人投資家としてはかなりの成果をあげて
おられていて、私の自慢の教え子なのですが、
その方や、受講生と話していて、
少し考えてみました。

 
稼いでいるトレーダーに共通することは何だとろうかと。

 
その時にお話しをした
3つの共通項を上げてみますね。

 
1つめは、
勝率
です。

 
基本的に、トレードの勝率は五分五分です。
勝つか負けるか2つに1つということですね。

 
ですが、知識を身につけ、
実践で経験を積むうちに、
勝率を1%、また1%と向上させていくのです。

地道にコツコツと積み上げていくイメージですね。

利益を上げ続けているトレーダーは、
勝率もなかなかのものですよ。

 
2つめは
値幅
です。

 
当たり前ですが、
値幅を大きくとることが出来れば、
その分利益を上げることが出来ます。

 
私がいつも言っている「山越えで売り、谷越えで買う」
というトレード手法は、
出来る限り値幅を取ろうという考えのもと
提唱している手法なのです。

もう1つ、できるだけ引き付けるという
こともお話しをしていますよね?

例えば、
既に買っている場合にいつ売るかというと、
私が言っているのは「山」の頂点で売るという
ことではないのです。

もちろん、山の頂点が分かればそこで売りたいのです。
1番の高値ですからね。

ですが、チャートの右端は常に動いていますから、
誰も山の頂点を当てることはできません。

ですから、
できるだけ引き付けて、
山越えを待って売っていただきたいのです。

そうすることで、可能な限りで、
大きな値幅をとることが出来るのです。

 
当たり前ですが、
利益を上げ続けているトレーダーは、
値幅をとることができるから、稼げているのです。

 
3つめは
資金量
です。

 
トレードの技術が向上すると、
売り買いの判断に絶対的に自信を持てる
そんなタイミングが訪れることがあります。

 
その時は、投入する資金量を増やしてみる、ということです。
もちろん、絶対的な自信をもっていても、
相場に絶対はないので損切ラインはシビアに見る必要はあります。

 
他方、微妙な迷いの出る局面も訪れますが、
その際は、資金量を半分にしてポジションを持つ
ということです。

もちろん、迷っているからポジションを持たない
という判断もありです。

ですが、迷っているという事は、
ご自身のトレードスタイルとしては仕掛けても良い
状況ともいえます。
仮に、その時仕掛けないと後々のトレードスタイルに
悪影響が出てしまうということもあるでしょう。
その際は、資金量を調節するという方法があるのです。

 
また、派生致しますが、
資金量は自分自身が緊張感を保てる金額にする
ということも大切です。

小さすぎる資金量は緊張感に欠けるトレードを生み
いい加減な仕掛けによる損失を招きます。

また、大きすぎる資金量は自分自身をプレシャーで
押しつぶすことになり、
仕掛けるのに躊躇したり、早すぎる手仕舞いをするなど、
正常なトレードができなくなります。

トレーダーは常に適正ポジションを探し続ける必要があります。

 
利益を上げ続けているトレーダーは、

資金量の調節も絶妙ですし、
ご自身の適正ポジションを常に気にしています。

調子が悪いときは、
あえて適正ポジションを下げることもありますね。

 
みなさんは、いかがでしょうか?

 
なんだか自信を無くしてしまった、、、

という方がおられましたら、
矢口の講座をとってみませんか?(笑)

稼ぐためのコツを伝授しますよ。

 
 
それではまた!

 
―矢口 新

 

<編集部おすすめ>

安定投資家になる秘訣は、
長く、稼ぎ続ける事。

勝ち組トレーダーは
誰もが資金を守る方法を
身につけています。

大切なお金を失ってしまう前に、
『資金管理』を勉強してください。

もちろん、守るだけではありません。

リスクをコントロールすることで
いかに資金効率を良くして

利益を最大化させるかに徹底的にこだわったのが、
『資金管理マスタープログラム』

今なら期間限定の特別価格でご提供しています。

詳細はこちら
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/shikinkanri_sl_b2/

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.