ニコラス・グールドのブログ

急に勝てなくなったら、どうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
 
なかなか思うように利益が出せない…
今まで上手くいっていたのに、最近結果が出なくなった…

 
トレードをしていると、
誰もが、一度は経験があると思います。

 
そんなとき、
つい今までの方法とは違う、
別の新しい方法を探したくなってしまいますが

 
実はこれは、トレードをするうえではとても危険な考え方なので、
注意が必要です。

 
なぜなら…

 
なぜなら、トレードはどんな方法を使ったとしても稼げる可能性があって、
ポイントになるのは、そのトレード方法がピッタリのマーケットかどうか
ということだからです。
 

つまり、、

 
稼げなくなったからといって、
すぐに新しい方法を探すことは

 
「マーケットの状況が変わった可能性」を見落としていて、
これから先も稼げなくなるたびに新しい手法を探し続けることになるから、
注意が必要なのです。

 
こういった問題を解決するために必要なことは、
いつもマーケットが正しいことを忘れずに、

 
自分の戦略をマーケットに適応させるという
作業を怠らないことです。

 
繰り返しになりますが、
稼ぐための手法は、星の数ほどあり、
実際、そのどれを使っても稼げる可能性があります。

 
ただし、どんな手法であっても、
正しくマーケットに適応していなければ
稼ぐことはできません。

 
具体的に、どのようにしてマーケットに適応させていくのか?

 
そのためには、マーケットを分析し、
マーケットの状況を正しく認識します。

 
マーケットのトレンドはどちらにあるのか。
上昇か、下降か、それとも横ばいか。

 
マーケットのボラティリティ(値動きの大きさ)は
どのくらいあるのか。

 
自分が狙っている利幅が取れるのに、
どのくらいの時間が必要になるのか。

 
そのために、どのくらい長く
ポジションを持つ必要があるのか。

 
とてもシンプルで驚くかもしれませんが、
稼げないと嘆くほとんどのトレーダーは、
こういった単純な分析をしていません。

 
盲目的にそれぞれの手法の出す
売買サインに従ってトレードしているだけなのです。

 
そして、その考え方が間違っていることに
まったく気が付いていません。

 
トレードの手法は、
マーケットに適応してさえいれば、
どれでも稼げる可能性はあります。

 
ですが、大切なことは、
売買のタイミングを教えてくれるサインではなく、
その方法が本当にマーケットに合っているのかを分析し、

 
場合によっては、
自分で戦略を調整していく必要があると
理解しておくことです。

 
そうすれば、いまの戦略が上手くいかなくなったとき、
新しい手法を探すのではなく、マーケットに適応させていくことができるようになって

 
いつでも柔軟に戦略を調整しながら、
安定的な利益につながっていくようになります。

 
少しの資金、デモトレードなどで練習して、
あなただけの戦略を見つけましょう。
 
 

―ニコラス・グールド

 
<編集部からのオススメ>

「チャート分析の達人」小次郎講師
そのもっとも得意とするテクニカル指標が

世界中のトレーダーが愛用する
【チャート分析の王様】移動平均線です。

 
移動平均線を使いこなせれば、

・相場にトレンドがあるか、それとももみあいかが
 見極められるようになる

・どこで売買すべきかが手に取るようにわかる

・損切りと利益確定が明確になるので
 安定して稼げるようになる

などのメリットがあります。

 
その移動平均線を使ったチャート分析を
基礎から応用、実践まで、小次郎講師のわかりやすい解説で
短時間でマスターしたい方は
こちらをチェックしてください。

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA