相場で右往左往しないために…

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
早いもので、
2月もあと2日となりました。

 
今日は、
投資の学校さんで
IPO銘柄についての
1日完結型セミナーがあります。

 
このブログをお読みになっている方の中にも
今日のセミナーにご参加される方も
いらっしゃると思いますが、
今日はどうぞよろしくお願い致します!

 
さて、
今日のブログでは
ここ最近、日本株の見通しについて
お話してきましたので、

 
久しぶりに米国株市場の分析結果、
見通しについてお話したいと思います。

 

もみ合いに時間を要する局面

 
shisei_man_good

 
米10年債利回り(長期金利)は、
終わってみれば先々週末と変わらない水準ですが、
一時は1月開催のFOMC議事録に反応して2.95%をつけ、
4年以上ぶりの水準を更新しました。

 
物価連動債との比較から予想される
物価水準(ブレークイーブン・インフレ率)は
再上昇し、先々週よりも上昇しています。

 
議事録でFRBが
より強い経済と物価の上昇を想定している
様子が明らかとなったことで、

 
利上げペースを増すと恐れられ、
長期金利の上昇とともに株価も大きく下げました。

 
週末にかけて長期金利は少し下がり、
株価も持ち直したという格好です。

 
現状はどうしてもこのような反応になってしまい、
一般的な解説でも金利と物価上昇は
株価の下げ要因とされています。

 
しかし利上げフェーズで
株価が下がったことなどあったでしょうか?
そのような事が見られたのは1980年代までで、
1990年以降の利上げフェーズは
全て株価上昇の時期となっています。

 
反対に利下げフェーズは株価が下がります。
株価が天井を付けた2007年9月に始まった前回の利下げは、
直後の金融危機の中で連続的に続いて行き、

 
利下げフェーズの終わった2008年12月(ゼロ金利に)の
3か月後に株価は大底を打ちました。

 
ITバブルが弾けたあとの
2001年1月から開始された利下げも、
6%を超えていた金利が一連の利下げフェーズの終了した
2003年に1%にまで下げられ、その間株価は下げに下げました。

 
この時も利下げが止まったのと
ほぼ同時に株価は大底を付けています。
利下げ=株価下落で、これが逆金融相場、
逆業績相場にあたります。

 
長期金利は恐らくこの先3%を超えるでしょう。
そしてその中で株価も経済も、
そして企業業績も好調を維持するでしょう。

 
実際に1995年~2000年、2004年~2007年も
そのようになっていました。

 
FRBが経済成長の見方を強めたのは
大型減税があるからで、実際、
企業収益も増しつつあるのが
決算等で明らかになっています。

 
成長を反映して物価が
FRBの理想とする2%を超え、
米国の潜在成長率が2%に迫る中では、

 
4%台の金利(名目金利、長期金利)が
経済に中立的な、引き締めでも緩和でもない
均衡水準(2%+2%=4%)となるのです。

 
その中で3%程度の金利に収まれば
十分緩和的であり、だから株価も経済も
伸び続けることが可能なのです。

 
もし、名目金利が4%なら、
物価上昇率2%で実質金利は
2%(4%-2%=2%)となりますが、

 
名目金利が3%程度なら、
実質金利は1%にしかならないから、
経済や株価にとって重しにもならないのです。

 
ただ経済新聞等ではそのように考えておらず、
物価と金利上昇は株価と経済にとって脅威であり、
まるで1990年以降の前例に反するように、

 
利上げフェーズで株価下落の
イメージとなっている様子です。

 
実際そう考える投資家や
市場関係者も多いため、
ここはしばらくもみ合いに
時間を要する局面と思います。

 
それでも金利3%を超えてなお、
企業業績好調、株価堅調などと聞こえてくるうちに、
今度は全員買いとなって、
最終的には一段高展開(年後半か?)になると予想しています。

 

目の前で相場が大きく動くと、
どうしてもその価格変動に一喜一憂し、
判断が右往左往してしまいがちです。

 
ですが、
それではいつまでも
安定して長期的に勝つことはできません。

 
そのためにも、
自分で相場を見極めることが出来る
力を身に付けていきましょう。

 
それでは、
また来週お会いしましょう!

 

―戸松信博

 
<編集部のおすすめ>

2018年、あなたが
株式投資家として飛躍するために必要なもの
それは「相場の教養」です。

もしあなたが、
勝てる手法を探し回っているのなら
今すぐやめてください。

どんなに優れた手法でも
相場の本質を捉えた教養がなければ
意味がありません。

そして、
その「相場の教養」を体系的に学べるのが
このプログラムしかありません。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.