米雇用統計後の相場見通し

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
さて、
先週9日(金)は重要経済指標の1つ、
米雇用統計の発表がありました。

 
結果としては、
市場予想を大幅に上回る31.3万人の増加、
失業率は4.1%で変わらず、
前月に恐れられた平均賃金の伸びは
予想を下回る前年比2.6%増に留まりました。

 
米雇用統計は特に注目が集まる経済指標ではありますが、
米国の経済指標発表、金融政策の発表などは
日本経済、世界経済にも影響を及ぼすイベントです。

 
ということで、
今回のブログは米国市場について
お話していきたいと思います。

 

投資銀行株・大手銀行株・証券は揃ってブレーク

 
shisei_man_good

 
上記の画像は、
米国大手銀行株、投資銀行株、証券株の
推移を比較した図です。

 
このところ日本では弱い経済指標も出ており、
様々な政治経済の懸念材料ニュースから、
景気も天井を打ち、

 
金利上昇とともに株価も下がりだすような
懸念をお持ちの方も居られるのではないかと思います。
しかしそのような先行き懸念は無用です。

 
仮にそのような憂慮すべき状況に転じたのであれば、
ナスダックの最高値更新と同時に
上のような金融株のブレークアウトは発生しません。

 
成長を牽引する半導体株が高値を抜け、
そしてマネーセンターと呼ばれる大手銀行株
(上ではJPモルガンチェースとバンクオブアメリカ)、

 
投資銀行株(同ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー)、
ネット証券大手(同チャールズシュワブ、アメリトレード証券)が
同時に高値ブレークする事など、起こりえるはずがないのです。

 
これらのブレークは景気上昇、
株価上昇を先取りしています。

 
銀行にとっての生命線である金利が、
悪い金利上昇(経済悪化の中での金利上昇=企業倒産や投資減少)
でなく、良い上昇(経済活性化で需要が拡大する中で発生する、

 
いわゆるディマンドプル型のインフレ、金利上昇)
であるから銀行株は騰がり、株式や債券の発行、
M&Aなどの投資銀行業務も活性化するのです。

 
日本でも相場好調の時期は
マネックス証券や松井証券など、
中規模証券が敏感に反応しますが、
アメリカの証券会社も同様です。

 
米国の証券会社の場合、
ブローカレッジ業務よりも
金利収入の方が大きくなっており、
良い金利上昇が収益を左右します。

 
さらに金利上昇(債券価格は下落)とともに
株価が下がる状況というのは、
債券も株も下がる運用難の状況を意味します。

 
過去一時こうした時期もありましたが、
その時は株でも債券でもない
金価格が上昇したものです。

 
しかし今回そのような金価格上昇も見当たりません。
以上から、金利上昇で株も上がる、
というのがこの先の正解となるでしょう。

 

今日は、米国市場について
お話していきました。

 
これまで一貫してお伝えしているように、
米国は世界経済の中心であり、

 
米国で何かニュースがあれば、
為替市場はもちろん、日本の株式市場にも
少なからず影響を与えます。

 
だからこそ、
日本株をやっている方も少し視野を広げ、
日頃から米国をはじめ、世界経済の動向にも
注目してみてください。

 
それでは、
また来週お会いしましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

小次郎講師が実践している
トレード手法を継承する
無料オンラインプログラムが開講しました。

安定して収益をあげる投資家になるために必要な
「確かなスキル」を手にいれたい、
という方にお勧めです。

こちらからメールアドレスを登録するだけで
無料オンラインプログラムをご覧いただけます。

無料オンラインプログラムに参加する

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



One thought on “米雇用統計後の相場見通し

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.