平野朋之のブログ

対処について その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

 
おはようございます。

 
先週はPDCAの重要性について
お話させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 
トレードは何度も言うように、
スポーツ同様トレーニング次第で
結果は自ずと変わってくるものです。

 
テストの成績を上げるには、
まずはどこを間違っているか確認して
そこの単元を再度勉強し直します。

 
常に、自分のトレードはルールを作って
PDCAして下さいね。

 
そして、
先週は雇用統計がありました。
ご存じでない方の為に、、、

 
いわゆる、FXでは毎月第一金曜に行なわれる
お祭りみたいなものかと思います。

 
全世界のトレーダーが注目する情報で、
数字の発表と共に相場が激しく動きます。

 
以前スプレットの話をした際に、
イレギュラーで広がってしまうケースがある
とお伝えしましたが、
雇用統計はまさにそうです。

 
スプレットは10-20pips広がってしまい、
金額も1円が平気で一瞬動いてしまうようなお祭り
それが雇用統計というものです。

 
では、なぜその舞台がアメリカなのか。
それは、

 
「アメリカは世界経済の中心だから」
 
です。

 
雇用統計とは、

 
・非農業部門雇用者数(前月比)
・民間部門雇用者数(前月比)
・失業率

 
この3つを総合した指標を言います。

 
雇用はどこの国も景気に直結するので、
すなわち何かというと。。。

 
雇用統計が悪い→景気悪い
雇用統計が良い→景気が良い

 
という判断になります。

 
余談ですが来月の7月雇用統計は、
ニュースによるとトランプ政権が仕掛ける貿易戦争の
影響が出始める見方があるそうです。

 
こうした時、
もしあなたがポジションをもっていたら
どう対処の予測を立てますか?

 
その「対処」は色んなパターンを予め想定して、
自分のリスクを回避するためにやるものです。

 
売買の仕方一つとっても、
指値、逆指値という手段があるので、
それはまた後日お伝えしますね。

 
トレードを実践するにあたって、
値動きする瞬間はどういうパターンがあるのか
調べてみるとよいかもしれません。

 
雇用統計や、トランプ大統領の発言、
災害など

 
要素が沢山あります。

 
とはいえ、
そのニュースや一般論に惑わされない為に、
チャート分析というものも必要な教養です。

 
もしあなたが、
 
・トレードを始めてみた、初心者の方
・経験者だけど上手くいっていない方
 
であれば、
デモトレードや過去の動きを観察してみてください。

 
特に雇用統計の日のチャートは要チェックです!

 
―平野 朋之

 
<編集部のおすすめ>
 
 
1日数分間だけチャートをチェックし、
予約注文を出しておき、注文から決済までを仕組み化し、
コツコツ儲かるFX投資法の秘密とは…?

テクニカル分析の権威として
多くの一般投資家から支持されている
平野朋之先生が、
 
 
1日たった10分で堅実に利益を積み重ねる
新しい副収入源の作り方を教える
ビデオ講座を公開しました。
 
しかも今なら、
このビデオ講座を無料でご覧いただけます。
「71.4%…FXの神業」
 
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. syoun より:

    本当に忙しい毎日です。読み返し読み返しの毎日に気がぬけません。 

    1. 平野朋之 より:

      いつもお世話になり有難うございます。
      ありがとうございます。
      引き続きよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

CAPTCHA