地震、雷、火事、親父

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

NYダウ平均が乱高下するなど、
今週も相場から目が離せない状況が続きました。

こういうときこそ、
ご自身のトレードルールに基づき、
冷静な判断を心がけてくださいね。

さて、昔から「怖いものの代表格」として、
「地震、雷、火事、親父」という言葉が用いられてきました。

長年、相場に関わってきた人間として、
投資との関連からこの言葉を考えてみたいと思います。

怖いものトップ10

今年2018年は、
リーマンショックからちょうど十年です。

そのため、世界の金融機関に向けて、
「経済における最大のリスクは何か?」というアンケートが行われました。

いわば、金融のプロにとっての
「怖いものトップ10」は何だったのでしょうか?

注目のランキングはこちらです。

  1. サイバーリスク
  2. 地政学的リスク
  3. 新規制
  4. ブレグジット
  5. FRBの金融政策
  6. 資産配分の変化
  7. 連結リスク
  8. 重要事業継続事案
  9. 資金調達
  10. 法令順守

そのほかにも、

  • 気候変動
  • 貿易戦争の拡大
  • 中国経済の減速
  • トルコ、アルゼンチンなど新興市場国の経済危機
  • イラン、ベネズエラ、北朝鮮など制裁下経済の危機
  • イタリアの動向

などが挙げられていました。

重要事業継続事案とは?

今回注目していただきたいのは、8位の「重要事業継続事案」です。

組織の事業継続や組織の存続を脅かすような非常事態で、滅多に発生しないが、
ひとたび発生した場合に組織にもたらすインパクトが大きいものを指します。

耳慣れない言葉かもしれませんが、具体的に言うと、

地震、台風、噴火、大雪、洪水、戦争、テロ、爆発、工場火災、倉庫火災、
部品供給停止、不作、道路陥没事故、風評

がこれにあたります。

先ほどの「地震、雷、火事」はバッチリ入っていますね。

ところで、「親父」はどうなのでしょうか?

発言や行動が組織に大きなインパクトを及ぼす人物の存在も、
重要事業継続事案の一部ではあります。

例えば、テスラCEOのイーロン・マスクやドナルド・トランプ米大統領は、
その一挙手一投足が大きな影響を及ぼしかねません。

「怖い親父」を通り越して
「大爆発している親父」と言っても過言ではないでしょう。

<編集部のおすすめ>

矢口先生は世界中の金融機関で、
様々な価値観に触れながら、
キャリアを築いてきました。

その中で貫いたのが、
「合理的なやり方を突き詰める」こと。

「合理的なやり方」が学べる機会を、
ここであなたに案内します。

こちらからご覧ください

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.