注文の仕方その1

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

めっきり寒くなってきましたが、
体調など崩されていませんか?

私はのどを使う仕事をしているので、
出かけるときはマスクが欠かせません。

投資に限らず、
体が資本なのは確かなので、
くれぐれもお気を付けください。

ところで、私はこれまで投資を長年やってきた方はもちろん、
これから投資を始めるという方のフォローにも力を入れております。

もちろん、これから……という方からは、
まずお話を伺うのですが、
「専門用語がわかりにくい」というお悩みは、
やはりよく出てきます。

そこで数回に分けて、
投資をする上で重要な「注文方法」について、
このスペースでお話させてください。

成行注文と指値注文

皆さんが普段、買い物するときのことを考えてみてください。

個人商店や家電量販店のように、
店員と交渉ができるならともかく、
自分から「いくらで買いたいか、いくらなら買うか」を決めることは、
あまりないはずです。

しかし、金融商品ならそれができてしまいます。
「指値注文」と言って、「〇円なら買う(売る)」という注文の仕方があるのです。

一方、値段をあまり気にせず、「今、買いたいから買う」というのももちろんできます。
いわゆる「成行注文」と呼ばれる方法です。

それぞれについて、特徴を箇条書きでまとめましょう。

成行注文

  • 株価を指定せずに買い・売りの注文を出す。
  • すぐに購入したいときに使う。
  • ほとんどの場合、すぐに売買が全量成立するのがメリット。
  • しかし、株価を指定しないため、思いのほか高かったり安かったりすることがある。

指値注文

  • 〇円以下(以上)なら買う(売る)といいう注文。
  • 「株価が安くなったら買う」「高くなったら売る」という時に使う。
  • 自分が納得がいく価格で取引ができるのがメリット。
  • しかし、成立までに時間がかかったり、最終的に成立しないこともある。

また、「逆指値注文」というのもあります。
「逆」とついているように、
「逆指値の売り注文」というと「〇円以上なら買うという注文」を、
「逆指値の売り注文」なら、「〇円以下なら売るという注文」をする方法のことです。

実はこの逆指値注文、
うまく使えば絶大な効果を発揮するのですが……
その話は、次週のお楽しみに!

<編集部のおすすめ>

投資に掛ける時間がないあなたへ

毎月ここにいるだけ、で
あなたは小次郎講師の最もタイムリーな
相場攻略法を手に入れることができます。

いるだけ、で優位性がある最高の環境にご招待します。

小次郎講師が読み取った相場の変化を
タイムリーに受け取りたい方はコチラから

こちらからどうぞ
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿

  • 私がセミナーで必ずやっていることとは?
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 春は出会いと別れの季節といいますが、 私も、担当
  • 投資家ならではの防災対策。
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 このブログが公開されるのが、 3月11日と聞
  • いきなりですが、クイズです。
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 3月に入りましたね。 日中はだいぶ温かくなり、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.