矢口新のブログ

一番残酷なのは、誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

3日前の3月11日、
東日本大震災から8年目というニュースを、
数多くのメディアが触れていました。

たくさんの方が尊い命を落とされ、
また、今もなおふるさとに帰れていない方がいるという事実を、
私も厳粛に受け止めていきたいと思います。

さて、苦しんでいる人がいるのは、
何も日本だけのことではありません。

世界に目を向けると、
日本に暮らしている私たちからは想像もつかないことが、
今もなお起こっているのです。

今、中米で起きていること

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
ベネズエラは米国からの経済制裁を受けています。

このことで、発電所のほとんどが稼働できなくなりました。

そのため、

・ 水道が止まる
・ 病院で手術・点滴・透析などの処置ができない
・ 外貨が獲得できない
・ 食料も確保できない

など、「人々が当たり前の暮らしを送れない」
状況に陥っているのです。

しかし、アメリカの仕打ちは、
これだけでは収まりませんでした。

一番残酷なのは、誰?

アメリカ政府は3月11日、
ロシアのユーロファイナンス・モスナル銀行に対し、
制裁措置を発動させました。

理由は簡単で、
この会社がベネズエラの国営石油会社・PDVSAと
取引を続けていただからです。

つまり、
マドゥロ政権の資金源を断つためにやったのでしょう。

ある意味、今のアメリカがベネズエラに対しやっているのは、
日本の戦国時代にもあった「兵糧攻め」です。

食べ物の供給を断ち、
敵軍をせん滅させる作戦のことですが、
ベネズエラ全体は今「兵糧攻めにあっている」状態でしょう。

なお、アメリカはこれまでにも、
イラクの元フセイン大統領や、
アフガニスタンのタリバンなどの外国の要人・組織を、
「残酷」という理由で武力で排斥してきました。

今回のベネズエラへの件も、
悪意を持ってやっていると私には感じられます。

「一番残酷なのは、誰?」-そんな疑問が、
頭を駆け巡っているのです。

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA