一番残酷なのは、誰?

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

3日前の3月11日、
東日本大震災から8年目というニュースを、
数多くのメディアが触れていました。

たくさんの方が尊い命を落とされ、
また、今もなおふるさとに帰れていない方がいるという事実を、
私も厳粛に受け止めていきたいと思います。

さて、苦しんでいる人がいるのは、
何も日本だけのことではありません。

世界に目を向けると、
日本に暮らしている私たちからは想像もつかないことが、
今もなお起こっているのです。

今、中米で起きていること

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
ベネズエラは米国からの経済制裁を受けています。

このことで、発電所のほとんどが稼働できなくなりました。

そのため、

・ 水道が止まる
・ 病院で手術・点滴・透析などの処置ができない
・ 外貨が獲得できない
・ 食料も確保できない

など、「人々が当たり前の暮らしを送れない」
状況に陥っているのです。

しかし、アメリカの仕打ちは、
これだけでは収まりませんでした。

一番残酷なのは、誰?

アメリカ政府は3月11日、
ロシアのユーロファイナンス・モスナル銀行に対し、
制裁措置を発動させました。

理由は簡単で、
この会社がベネズエラの国営石油会社・PDVSAと
取引を続けていただからです。

つまり、
マドゥロ政権の資金源を断つためにやったのでしょう。

ある意味、今のアメリカがベネズエラに対しやっているのは、
日本の戦国時代にもあった「兵糧攻め」です。

食べ物の供給を断ち、
敵軍をせん滅させる作戦のことですが、
ベネズエラ全体は今「兵糧攻めにあっている」状態でしょう。

なお、アメリカはこれまでにも、
イラクの元フセイン大統領や、
アフガニスタンのタリバンなどの外国の要人・組織を、
「残酷」という理由で武力で排斥してきました。

今回のベネズエラへの件も、
悪意を持ってやっていると私には感じられます。

「一番残酷なのは、誰?」-そんな疑問が、
頭を駆け巡っているのです。

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 一番残酷なのは、誰?
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 3日前の3月11日、 東日本大震災から8
  • 税金は、富裕層から。
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 実は先日から、 投資の学校さんが提供する
  • やらされ感
    From 矢口新 自宅のトレーディングルームより…… おはようございます。 矢口新です。 朝はまだ寒いですが、 日中はかなり暖かくなり


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.