矢口新のブログ

相場に対して恐怖心はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新

自宅の書斎より、、、
おはようございます、矢口です。

 

あなたは、相場に対して恐怖心はありますか?
もし、相場に恐怖心を抱いているとすれば、
それはまだ相場を理解できていないということです。

 

相場を知っている人は、現在のコロナショックが原因で
大荒れしている相場だとしても、相場を「難しい」と言います。

「怖い」ではなく、「難しい」

この感覚の違いは、小さな差のようで、実は大きな差があります。

 

相場で利益を狙えば、「損失」というリスクを背負うことになりますが、
相場が「怖い」と感じている人は、そのリスクが見えていない人です。
自分が今取っているリスクの大きさを把握できていないということです。

 

人は背後からの攻撃や、寝ている時の攻撃には、基本的に対処できませんよね。
相場に置き換えれば、それは自分が取っている利益を理解できていないと、
正しい対処ができません。また、理解していても寝ている時には対処できません。

 

しかし、相場のリスクは基本的に、
「見えたリスク」なのです。

 

リスクを目の前で起きていることだけに限定することで、
リスク管理はずっと容易になり、あとは正しい対処ができるかどうかです。

 

リスクが見えることで、リスクに対する恐怖心よりも

●そのリスクをどのように管理するか
●リスクを最小限に抑えるために、どのように対処するか

という考え方に変わるでしょう。

 

実際、適切なリスク管理をするための判断が難しいわけですが、
リスクが見えていれば、その問題をクリアするための方法を考えるようになります。

 

だからこそ、相場を「怖い」と感じているか、「難しい」と感じているのか、
これは大きな差だと思うのです。

 

難しいと感じるものは、努力次第で対処が可能です。
もちろん、すぐに完璧にできるようになるわけではありませんが、
経験を積むことで、徐々に対処の精度が高まります。

 

そして、相場の大敵といえば「欲と恐怖です」。
ここであなたに理解しておいてほしいのは、
「リスク限定でリターンが大きい」商品は相場には存在しません。

 

例えば、価格が1円上昇したとき、
買い手は1円の利益を手にして、逆に売り手は1円の損失が出ます。
つまり、相場ではリスクとリターンは同じものであり、
『値動き』こそがリスクとリターンそのものと言えます。

 

そのため、ポジションを持つときは、
漠然と買うのではなくチャート分析などから、
「これくらいの利益は狙えそうだ」
「ここくらいで損切りかな」

 

などと、具体的にリスクとリターンの大きさを思い描き、
ポジションを持たなければいけません。

 

具体的にイメージできなければ、
次の対処が遅れてしまうでしょう。

 

対処する力は、繰り返し練習し、
経験を積むことで身に付いていきます。
そのうち、自分の中で局面に合わせた対処法を選択できるようになります。

 

まずは、相場に対する恐怖心がある人は、
ポジションを持ったときの自分がどれだけのリスクを取っているか
きちんと把握していきましょう。

 

あとは、「谷越えを待って買い、山越えを待って売る」ことを徹底し、
その精度を高めていけば、リターンを狙いながら適切なリスク管理が
できるようになるでしょう。

 

それでは、またお会いしましょう!

―矢口 新

<編集部からのおすすめ>
まさに職人技。

売買銘柄の選び方、売買タイミングの判断まで
明確なルールに沿ってルーティーンで運用して
堅実に利益を積み上げる

矢口流・株式運用法のエッセンスを
動画講座で無料公開中。

詳細はこちらをクリック

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA