矢口新のブログ

なぜ?なぜ?なぜ?と問いかけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新

自宅の書斎より、、、
おはようございます、矢口です。

 

なぜ? なぜ? なぜ? なぜ? なぜ?

 

このように5回のなぜを一つの事象に対して繰り返す
『なぜなぜ分析』という手法があります。

 

このブログを読んでくださっている皆さまの中には、
実際に仕事でこの『なぜなぜ分析』を活用している人も
いらっしゃるかもしれませんね。

 

 

この『なぜなぜ分析』は、製造業の品質管理や安全管理などの場面で
よく用いられる手法であり、

 

5回の「なぜ?」を繰り返し問うことで、
物事の因果関係や、ある事象を引き起こした“真の原因”
突き止めることができるとされています。

 

この『なぜなぜ分析』は
トヨタ自動車の元副社長、大野耐一氏が提唱した考え方で
「トヨタ生産方式」とも言われます。

 

大野氏が提唱した「トヨタ生産方式」の書籍の初版は1978年であり、
約40年前ですが、トヨタ自動車の社員は新入社員の時に徹底して
『なぜなぜ分析』を叩き込まれるそうです。

 

そもそも『なぜなぜ分析』を行う目的というのは、
「問題の真の原因を見つけ、再発防止策を作り、2度と同じ問題を起こさない」ことです。

 

 

「なぜ?」を5回繰り返すことで、やっと真の原因にたどり着き、
的確な対策を立てることができるというものであり、
「なぜ?」の追求が不十分だと、対策もまた不十分なものになってしまいます。

 

モノづくりの世界では、
『なぜなぜ分析』を活用して生産性、安全性が向上し、
それによって品質も向上すれば、最終的には会社の業績アップを目指すわけです。

 

私は、相場の世界でも『なぜなぜ分析』は有効だと考えています。
「○円の損失を出してしまった」という事象に対し、

 

①なぜ、○円の損失を出してしまったのか?
損切りが遅れたために、損失が拡大し、結果的に○円の損失を出してしまった。

②なぜ、損切りが遅れてしまったのか?
もう一度価格が上がると思った。

③なぜ、もう一度価格が上がると持ったのか?



というように、
自分自身のトレードを振り返る時に、
5回の「なぜ?」を繰り返すことで
真の原因を突き止めることができるかもしれません。

 

失敗をしてしまった時に、
「あー、失敗した」で終わってしまっていては
トレードスキルを向上させ、収益を増やすことは難しいでしょう。

 

「失敗は成功のもと」という有名なことわざがありますが、
ただ単純に失敗した原因を考え、安易な対策を打ったところで上手くいきません。
失敗を成功のもとにするためには、
徹底した原因究明と的確な対策の立案と実施が必要です。

 

そのためにも、
まずは失敗した“真の原因”を突き止めるために
「なぜ?」を繰り返し自問自答する必要があるのです。

 

今までトレードで同じ失敗を何度も繰り返していた人は、
まだその失敗の“真の原因”に辿り着けていないのかもしれません。

トレードで失敗してしまったら
5回「なぜ?」を繰り返してみてください。
きっとその失敗の“真の原因”に辿り着けるはずです。

 

本日は以上です、
ありがとうございました。

―矢口 新

<編集部からのおすすめ>
まさに職人技。

売買銘柄の選び方、売買タイミングの判断まで
明確なルールに沿ってルーティーンで運用して
堅実に利益を積み上げる

矢口流・株式運用法のエッセンスを
動画講座で無料公開中。

詳細はこちらをクリック

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. tanza より:

    「“真の原因”に辿り着ける」ためには、やり方を間違えないことが重要。
    ■どこがマズイ?なぜなぜ分析 簡単な例でわかる
      https://www.ltkensyu.com/supplemental/3-3.html

コメントを残す

*

CAPTCHA